読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスリート屋根屋、yoshikixxのブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

伝えることの大切さ

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今週はリカバリー週なので、練習時間が短くて、強度も低いので、練習前も気楽で良いです(*´ω`*)

 

お客さんとたくさん話すと

↓このブログで書いたお宅に訪れて、仕事してきました。

yoshikixxtri.hatenablog.com

 

10時近くになったら、お客さんがコーヒーを出してくれたので、少し休憩。

そのときにお客さんと話しをしました。

 

最初は悪徳業者が勧めてきたラバーロック工法について、不要でとてつもないぼったくりであること、変なことをやると、かえって雨漏りの原因になるということを話していたのですが、いつの間にか、瓦の良さについて力説(笑)

 

持ちネタの「奈良、元興寺の瓦は1400年前、飛鳥時代のものが使われているんですよ!」とか、瓦を見せながら「和形の瓦は一枚でちゃんと水を下に流す、完成された形状をしているんです!」とかとか。

 

お客さんも興味津々に聞いてくれて、質問もたくさんしてくれて話が弾み、出かける時間が過ぎていることに気づかず、慌てて出かけていきました(笑)

 

仕事自体はお客さんとの相談の上で、漆喰の部分補修とか

f:id:yoshikixx:20170427200304j:plain

 

無くなっていた瓦の追加とか

f:id:yoshikixx:20170427200401j:plain

簡単な工事だったのですが、お客さんとたくさん話ができたことによって、とても信頼してもらえて、「面白い話が聞けた。来てもらって良かった」と言ってもらえました。

 

どんな仕事でも、伝えなければ、その業界以外の人は知らないことばかりです。愛知県に住んでいるので、トヨタ系の会社に勤める人が多いのですが、デンソーとかトヨタ車体とかアイシン精機とか、会社名は知っていても、具体的に何をやっているのか知らなかったりします。

 

でも、仕事の内容を聞いてみると、なかなか面白くて、感心することが多いです。

 

お客さんといっぱい話をして、知ってもらうことの大切さを感じた現場でした。

 

ではでは。

花との闘いフタタビ

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

昨日は半田法人会青年部・会員交流委員会の会議&懇親会でした。懇親会の席で、先輩のハマダさんから「訪問販売?の業者が来て、瓦がズレとるで直したほうがいいって言われたんだけど、信用していいの?」と聞かれました。もちろん「信用しちゃダメですっ( ゚Д゚)!」と即答しておきました。

みなさんも、そういう業者が来たら、必ず信頼できる建築系業者に相談してみてくださいね。その人が屋根屋じゃなくても、知ってる業者を紹介してもらえますから。

 

花がまた咲いた…

昨年の3月16日のブログ↓

ameblo.jp

でも書いたのですが、たまに屋根の上に花や草が生えることがあります。

昨年は花が咲いた部分の土を、なんばんという、モルタル的な土に入れ替えたりして対処して、これで大丈夫だと思っていたら…

f:id:yoshikixx:20170426200508j:plain

また咲きました(´・ω・`)

今度は少し場所をずらして黄色い花。

f:id:yoshikixx:20170426200608j:plain

白い花も。

昨年は咲いていなかった場所からだったので、お客さんも「なんでだろう?」と。

 

北面なので、雨水が残りやすいのは間違いないけど、平の部分から生えてくるということは、普通は考えられないんです。

 

今回はお客さんと相談して、除草剤をかけて、枯れたころを見計らって、また抜きにくることにしました。

 

まさかこの程度で葺き替えるわけにもいかないので、これから毎年、こちらにお邪魔して除草剤を撒くことになりそうです。

 

竹内と花との闘いは続きます。

 

ではでは。

 

 

奈良吉野、千本桜との修験道の寺

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

全日本トライアスロン宮古島大会が終わって、出場した仲間の記録やFacebookの投稿から、この人は納得の大会になったかな、あの人は悔しい思いをしたかもなと、想像しています。みんなの土産話が楽しみです。

 

奈良吉野の千本桜

奈良県の春といえば吉野の千本桜です。

『一目千本』とうたわれ、山が桜色に染まる景色は圧巻のようです。

f:id:yoshikixx:20170424133656j:plain

ようです、というのは、さすがに4月23日となると、桜のピークも終わっていたからです(´・ω・`)ザンネン

ですが、標高の高いところではまだまだ散っていないところもありました。吉野川沿いに車を駐車して、走って登れば渋滞もへっちゃらなので、来年は一目千本を拝みたいです。

 

修験道の寺

吉野山修験道でも有名です。僕も今回はランの修行をしてきました(笑)

吉野山には寺や神社がたくさんあるのですが、中でも必見なのが国軸山 金峯山寺(こくじくさん きんぷせんじ)です。

www.kinpusen.or.jp

HPによると「大和の国 、吉野山から大峯山山上ケ岳にかけての一帯は古くは金峯山(きんぷせん)と称し、古代より世に広く知られた聖域でした。この金峯山に役行者神変大菩薩が白鳳年間(7世紀後半)に修行に入り、修験道独特の本尊・金剛蔵王大権現を感得されます。この姿を山桜に刻んで、山上ケ岳(現:大峯山寺本堂)と山麓吉野山(現:金峯山寺蔵王堂)に祭祀されます。これが金峯山寺の開創と伝えられています。  明治7年(1874年)、明治政府により修験道が禁止され、金峯山寺は一時期、廃寺となり復職神勤しますが、同19年(1886年)に天台宗末の仏寺として復興。昭和23年(1948年)には、蔵王堂(国宝)を中心に、金峯山修験本宗が立宗し、その総本山として今日に至っています。」ってなことなので、金峰山修験本宗というのは比較的新しいということですね。

 

しかし、本堂・蔵王堂は素晴らしい建築で、東大寺大仏殿に次ぐ大きさの木造建築物らしいです。二尺近い厚みの杮葺きは重厚そのものでした。

f:id:yoshikixx:20170424135759j:plain

 

蔵王堂の中にはご本尊『金剛蔵王権現』が祀られていて、平成29年は4月1日~5月7日の期間限定で特別御開帳が行われています。

当然のことながら写真撮影は厳禁なのでHPからお借りした写真をペタリ。

f:id:yoshikixx:20170424141015p:plain

ここまで迫力ある仏像は初めてかもしれません。滅多にお会いできないので、ぜひご覧ください。

 

現在は山門を改修中なのですが、山門も巨大です↓

f:id:yoshikixx:20170424142114j:plain

奥の杮葺きが本堂・蔵王堂で、手前の瓦葺きが山門です。

 

この辺りは下千本というあたりで、まだ山の下のほうで、この日は奥千本まで脚を伸ばしました。上千本と奥千本の境あたりからの写真です。蔵王堂もすでに遠い…。

f:id:yoshikixx:20170424142319j:plain

 

奥千本までの標高差は約500m。片道5キロちょっとなので、平均勾配で10%近く。キツイところだと20%くらいあると思われます。

 

往路はとにかく上りしかないので、めちゃくちゃキツイくて、観光しながらとはいえ、走っても2時間くらい。復路は30分くらいでしたが(笑)

 

お土産屋さんや食べ物やさんも多く、観光もできるし、ランのトレーニングもできる。

吉野千本桜はとても良いところでした。

 

ではでは。

段取り9割

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今日は和歌山県橋本市奈良県吉野郡吉野町ー吉野郡大淀町と移動しました。

 

橋本市に行った理由はまだ内緒。吉野町に行ったのは千本桜の辺りでのトレイルランニング。そして、大淀町に行ったのは、久しぶりにガイドハウスを訪れるためでした。

 

ガイドハウスというだけに、ガイドの家なのですが、なんのガイドかというと、リバーガイドです。簡単にいうとラフティングのガイドですね。この人です↓

f:id:yoshikixx:20170423232856j:plain

最近でこそトライアスロンに注力していますが、数年前まではリバーガイドとしてちょいちょい仕事をしていました。

 

そのガイドとしてお手伝いさせてもらっていたガイドカンパニーの基地が大淀町にあるんです。

 

久しぶりにガイドハウスを訪れてみると、カンナちゃんがGWのキャンプツアーに向けて孤軍奮闘中でした。キャンプツアーについては↓をクリック。

http://www.alpine-river.com/ketagawa_special.htm

 

リピーター続出のめっちゃ楽しいツアーなのですが、なんせ25名くらいのお客さんの装備を、忘れ物をすることなく、奈良の山奥から静岡に運ばなければならないので大変です。

f:id:yoshikixx:20170423233753j:plain

f:id:yoshikixx:20170423233817j:plain

僕みたいに週末や連休だけ、スポットでガイドする人にとって、ここまで大がかりな準備をすることはめったにありません。

 

リバーガイドっていうのは、川の上でお客さんと安全に楽しく遊ぶのが仕事で、とても華やかな感じがするのですが、こうして準備をしてくれる人がいてこその華やかさなんだということを、縁の下の力持ちのカンナちゃんへの感謝とともに、感じました。

 

どんな仕事でも段取り9割。

 

僕も普段の仕事で、しっかり段取りして、スムーズに現場が進むようにしようと、改めて感じた午後でした。

 

千本桜については、後日、書きますね。

 

ではでは。

仲間の卒業

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

昨夜はブログを書き忘れて寝てしまうという失態を演じてしまい、日曜日の早朝からブログっております(´・ω・`)ネモイ

 

愛知県屋根工事連盟青年部総会

僕が部長を務める、愛知県屋根工事連盟青年部の総会が開催されました。

一年の活動と決算、そして次年度の事業計画と予算を満場一致で承認して頂いて、新たな一年をスタートさせました。

 

総会を終えた後は、もちろん懇親会です。

愛知県屋根工事連盟青年部の仲間はとても仲が良く、横のつながりがしっかりしているのですが、飲み会の雰囲気も、比較的、品が良くて好感が持てます。これは先輩方が築き上げたものでしょね。

 

わいわいと楽しく飲んで、最後は卒業式です。愛知県屋根工事連盟青年部の卒業は45歳で、今年は2名の方が卒業を迎えました。

鹿子木(かのこぎ)さんと、舟橋さんです。二人とも青年部には20年以上在籍して、しっかりと活動してきたのですが、僕にとっては年齢も一つしか変わらない、まさしく同志といえる存在です。

 

そんな二人の卒業にあたり、記念品を考えていたときに思いついたのが↓のブログで書いたボールペン。

yoshikixxtri.hatenablog.com

 

仲間が作っているボールペンを記念品に選んでみました。

f:id:yoshikixx:20170423065521j:plain

f:id:yoshikixx:20170423065533j:plain

↑このうちのどれかをプレゼント。とても喜んでもらえました。

 

他の人にも見てもらったら「今年、卒業すればよかった!」とも言ってもらえたので、来年の卒業生にも、これを渡そうかと思います。

 

20年以上の長きにわたって、ともに活動してきた同志が卒業するのは寂しいものですが、業界の発展に尽力してくれた二人に喜んでもらえたのは嬉しいことです。

 

記念品やプレゼントを選ぶというのは、なかなか難しいことですが、相手のことを思い、ちゃんと喜んでもらえる物を選べたときには、自分も嬉しく感じることができます。しかも、今回は仲間が作ったもので喜んでもらえたので、喜びもひとしおです。

 

良い仲間がいることに感謝ですね。

 

ではでは。

雨漏りは止まらなくても

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

連日のいろいろでお疲れモードですが、ブログは更新します(´・ω・`)オレエライ

 

雨漏りは止まらなくても、お客さんは喜んでくれました。

昨年の5月に地元のケーブルテレビで放送された、うちの会社を紹介してくれた番組『知多半島ワーキングッド』↓

ameblo.jp

 

この番組を観て、仕事を依頼してくれたお客さんがいます。

実際に現場に行ってみたら、ヒドい状態で戸惑いました。

 

でも、お客さんと話してみると、いくつかの業者に見てもらっても、葺き替えしかないと言われ、でも葺き替えする予算は無くて困っているとのこと。

 

こりゃあ、やるしかないかと腹を決めて「なんとかします」と口に出してしまいました。男が、職人が一旦、口に出した以上はやるしかないのですが、さすがに自信もなく…。

 

お客さんには「予算の範囲内で完全に止めることは不可能だと思います。それでも、かなり雨漏りの量を減らすことはできるはずです。それで良いですか?」と確認して、後日、仕事にかかりました。

 

あまりにヒドい状況なので、うちの職人に仕事させることは避け、僕が自分で仕事することにしたのですが、実際に仕事してみると、予想以上に苦戦(笑)

 

半日でカタをつけるつもりが、結局1日半。それでもなんとか仕事を終え、やっぱり雨漏りは完全には止められてないと思うのですが、お客さんに報告したら、とても喜んでもらえました。

 

職人としては、正直なところ、納得のいく仕事ができなかった悔しさもあります。

 

それでもお客さんは喜んでくれた。

 

ここに職人とお客さんのギャップを感じました。

 

職人としては、不本意な仕事であったとしても、お客さんは僕を信頼してくれて、限られた予算内でベストを尽くしてくれたと感謝してくれて。

 

僕は他の業者では提供できなかったアイデアと手法と技術を提供して、少なくともお客さんの希望は達成されたわけで、僕の気持ちとのギャップはあっても、結果としては良いことなのかなと、感じることができました。

 

職人というのはどうしても完璧を求めがちで、特に雨漏りに関しては完全に止めなければならないと思っています。でも、それが不可能な場合に放っておくのが職人なのかと言えば、それも違うのだと思います。

 

お客さんが求めることを、可能な範囲で実現するのも、職人の仕事だと学んだ仕事でした。

 

ではでは。

白金高輪の瓦カルボナーラ

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今日は早めに仕事が終わったので、明るいうちにランできました。150mくらいの坂道を30分くらい、アホみたいに往復(´・ω・`)まあまあ疲れました。

 

カルボナーラ(笑)

お昼くらいにたまたまうちに帰ってきて、昼ご飯を食べるときに、何気なくテレビを点けてみると↓

f:id:yoshikixx:20170420200527j:plain

なんか知らんけど、瓦瓦と連呼しとるがやっ( ゚Д゚)!

瓦そばか!?と思ったら↓

f:id:yoshikixx:20170420200704j:plain

f:id:yoshikixx:20170420200726j:plain

カルボナーラって(笑)

しかも、白金高輪(笑)

 

お昼のバラエティー番組で瓦という言葉を聞くと思っていなかったので、食べるのを忘れて見入ってしまいました(*´ω`*)

 

ここは白金高輪から歩いてすぐの『ぶち』という、下関の郷土料理のお店。

https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13183920/

 

もちろん瓦そばもあるし、瓦うどんというのもあるみたいです。めっちゃ美味そうでした。

 

そして、使っている瓦は島根県、石州瓦の窯元、亀谷窯業(有)さん直火用耐熱瓦です。

石州瓦の製造販売 亀谷窯業 瓦そばと直火用瓦食器

 

これ、うちもカフェとか開いて、やってみようかしら…。

なんか美味しそうだし、瓦を身近に感じてもらえるきっかけになりそうだし。

ちょっと真剣に考えてみよう。

 

ではでは。