トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

シルクロードを走って旅した超人と僕の共通点

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

八ヶ岳の初日には、当然ながらシェルパ斉藤さんちに寄ってきました。美味しいアイスコーヒーを飲んで、川で遊んで、ドッグランで小夏を走らせて。とにかくのんびりと楽しくできる場所なので、シェルパ斉藤さんの奥さん、京子さんが営むカフェ『チームシェルパ』はおすすめの場所です。

goo.gl

チームシェルパには斉藤さんの著書の他に、たくさんのアウトドア関連の本がたくさんあって、行くたびにチラチラと読ませてもらうのも楽しみの一つです。今回、その中で見つけた本がこれ。

f:id:yoshikixx:20180821085330j:plain

中山嘉太郎さんの『シルクロード9400km走り旅 ランニングシューズをはいた孫悟空

 

中山さんは2001年に植村直己冒険賞を受賞した方で、斉藤さんちで何度かお顔を拝見していました。中山さんはまだ日本ではトレイルランニングという言葉が、あまり知られていなかった2000年頃に、本のタイトルの通り、シルクロード9400kmを端から端まで、205日間にわたって走って旅した人です。さらに言うと、荷物はほぼ無し。村から村、町から町へと走り、安宿に泊まるか野宿、あるいは民家や警察署に泊めてもらいながら走り続けるという、とんでもない冒険をした人です。ちょっと走ってきますねー、と仲間数人と出かけて行ったら戻ってきたのが6時間後だったこともありますw 僕くらいで凄いと思っている人は、本当に凄い人がいることを知ったほうが良いです。

中山さんの経歴については知っていたのですが、本を書いていることは知らなくて、今回、見つけたので、帰ってから読もうと思って、表紙の写真を撮ってきて、Amazonで調べてみたらびっくり。なんと一冊10,000円!もう廃刊になってしまっているようで、価格が高騰していました。

 

しゃーないので、また斉藤さんちに行ったときに読ませてもらうことにして、内容について、ちょっと共感できるところがありました。

 

中山さんは一足のランニングシューズを大切にしていて、シルクロードを走るときに同じ靴を修理しながら走ったようです。ランニングシューズなんてヘタすると200キロ走っただけで壊れてしまいます。それを9400km、同じ靴を履き続けるなんて、とんでもないことなんですけど、中山さんにとって、その靴は旅の相棒だったようです。相棒は簡単には切れません。

 

僕は仕事柄道具が好きで、トライアスロンだけでなく登山や釣りをやっているので、とても多くの道具を使うし、古くなった道具を捨てることが出来ません。

f:id:yoshikixx:20180821092834j:plain

今回、ずっと使っていたトレランシューズを新調しました。昨年末のIZU TRAIL Journeyの際にミッドソールが潰れてクッショニング機能を失い、距離を積むことが難しくなったので、同じサロモンのミッドソールが厚いモデルを購入。

並べてみると本当にくったくたになったなと感じますが、古い靴を捨てたくないんですよね。中山さんと同じというのはおこがましいけど、僕にとっては長旅をともにした相棒に他なりません。捨てないと怒られるので、捨てるけど、自分ではできません。

 

ランニングシューズだけでなく、道具には感謝しかありません。

IRONMANグレに向けて、常滑の海で泳いでみた。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

地元、常滑の海で泳いできました。泳いできたと言っても、もちろん海水浴ではなく、ウエットスーツを着て、長い距離を泳ぐやつです。

f:id:yoshikixx:20180820143752j:plain

今回はいつもの顔ぶれとは違い、9月にIRONMANグレに共に出場する、すでにレジェンドクラスの小林さん、ツアーガイド役もやってくれる謎の外国人労働者フンさん、㈱アンジェラのCEOじぇら子、しずかちゃん、ゆきゆき、小森さん、そしてグレではなく伊良湖に出場する殺し屋・けんちゃんに僕を加えた8人。

 

朝7時にりんくうビーチに集合して1時間泳いで終了という、ちょー早いプランだったので、僕は地の利を生かして、5時20分頃に現地着。そんな時間にも関わらず、海水浴客やらなんやらいて、せっかくなのでビキニを着た、スタイルの良い女性をチラ見しながら13キロのランを1時間くらいで完了。こんな時間から泳いでいる人もどうかと思うけど、向こうから見れば、こんな時間から走っているのもどうかと思うんでしょうねぇ。

 

ちょうど走り終える頃に小林さん、フンさん、小森さんが到着。さっそく着替えて、ランの次はスイムです。朝7時からウエットスーツに着替える集団は、周りから見たらちょっとおかしな感じ。でも、今や常滑トライアスロンの町でもあり、みんな鍛えられた身体をしているので、怪しさはありません。な、はずw

f:id:yoshikixx:20180820143731j:plain

一周800mくらいを三周するつもりだったのに、一周目の途中で肩回りが重くてスピードが出ず、仕方ないのでキックをしっかり打つようにしたら、今度はハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)とケツ筋が攣りそうに。こりゃダメだなと判断して、僕は一周で終了。

実は前日のチーム練習で、けっこう追い込まれ、山から朝の集合場所に帰るときに、殺し屋・けんちゃんの高速列車に連結され(数人が隊列を組んで走ることで空気抵抗が軽減される)、在来線の急行クラスの僕が、新幹線のぞみの一車輛として走ることになり(先頭の人のペースに合わせること)、息の根を止められていました。同じ列車に乗せられた松金さんと立野さんはそうそうに殺されて、次の列車に合流して帰ったようでした。たまたま練習に参加してくれた岐阜最強トライアスリートの藤井君ですら「凄い引きでしたね」と感心するほどの引きに、僕のような凡人が着いていくと殺されるという良い例なのですが、さすがに次の日ではハムストリングスとケツ筋にダメージが残っている上に、13キロのランですっかり疲れ果てていたようです。

 

水シャワーを浴びるおっさんたち。

f:id:yoshikixx:20180820143823j:plain

シャンプーなんて誰一人として使わず、じぇら子もしずかちゃんも、水シャワーのみでへっちゃら。トライアスリートはたくましい…。

f:id:yoshikixx:20180820144146j:plain

その後、殺し屋としずかちゃんはランに出かけ、小林さんはバイク練習に。なんてタフなヤツらだ…。

 

けんちゃんじゃなくて殺し屋としずかちゃんを待つ間に、歩いていけるコストコに入って物色。なぜか小森さんは大量に物を購入。みんなでホットドッグやらなんやらを食べて解散。

 

9月9日のIRONMANグレまで残り3週間。ウエットスーツを着たスイムは相変わらず苦手ですが、みんなで泳いで盛り上がってきました!

親子丼を侮るな!中村農場の親子丼

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今日も八ヶ岳のことです。と、言っても今回はグルメ。ローカルグルメ。B級グルメです。

 

中央高速道路、長坂インターから東に二つ目の信号、五町田の交差点を北に曲がり、野辺山方面にひたすら登ること7キロ。その間にも美味しいご飯を食べられるお店が点在していて、ちょいちょい食べているんですけど、今回、紹介するお店は抜群でした。

 

中村農場

f:id:yoshikixx:20180820085651j:plain


www.nakamuranojo.com

その名の通り、農場が営む鶏料理屋さんです。

甲斐路軍鶏、甲州頬落鶏といった鶏を食べられます。僕が食べたのは甲斐路軍鶏のチキンカツ定食。

f:id:yoshikixx:20180820084653j:plain

チキンカツ!

ボールペンを並べたことにより、かえって小さく見えてしまいましたが、デカい!240gの大ボリュームです。そして美味い!揚げ物の誉め言葉なんてありきたりなので省略しますが、本当に美味かった。ソース、わさび醤油、塩と用意されているのは、240gを飽きずに食べられるように、という気づかいでしょう。最後まで美味しく頂けました。

 

そして、女房が食べたのがこれ。限定20食、ほろほろ鳥の親子丼。

f:id:yoshikixx:20180820091555j:plain

写真を撮り忘れたので、画像はお借りしました。

が、衝撃!こんな美味い親子丼を食ったことが無い!初めての美味さ!

食肉鳥の女王、ほろほろ鳥は柔らかくもジューシーで、卵の旨みも火の通し加減も、味付けも完璧!親子丼て、こんなに美味いのか!

丼界のヒエラルキーで言うと、親子丼というのは玉子丼の次、下から二番目だと思うんですけど、中村農場の親子丼は飛びぬけて美味い。丼ヒエラルキーの頂点に立つ鰻丼とも互角か、それ以上に闘う能力を持っています。どっちかを選べと言われたら、中村農場の親子丼を選びます。それほどの衝撃的な美味さでした。

 

山の途中で電車の駅からは遠いし、自転車でも登りが苦手な人にはつらいし、歩いていくにはとにかく大変だし、車で行ったとしても、昼時なんてめちゃくちゃ並んでるけど、近くに行く機会があれば、一度、食ってみる価値があります。たかが親子丼と侮ったら損します。

八ヶ岳登山 三ツ頭~権現岳~赤岳②

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

8月22日に追記あり

最後にReliveによる、今回の空撮映像をアップしました。

 

権現岳から赤岳に向かうルートには長いハシゴがあります。全60段、約20mほどの長いハシゴ。先行する白井さんは「こえー!こえー!下見ちゃったよー!こえーよー!」と泣きながらゆっくりと降りて行きます。

f:id:yoshikixx:20180817153553j:plain

余裕のよっちゃんw

毎日、ハシゴを昇り降りしている僕にとっては、日常となんら変わりないので、ビビる白井さんが面白くてしかたないw それにしても素晴らしい景色!

f:id:yoshikixx:20180817154327j:plain

絶景だ!

来た道を振り返り、「あんなに遠くから来たんだ」と感じる時間は、登山の中でも特に好きな時間の一つです。

 

尾根の両側が切り立っていて、右にも左にも滑落できるキレットという個所を通過し、ついに今回の登山の核心部に突入です。

赤岳の最後の登りは、どのルートから登っても、手を使わないと登れないところがあります。

f:id:yoshikixx:20180817154313j:plain

こんなハシゴで登るくらいなら、岩を登りたい

ハシゴやクサリが登場し、ときにはクーロワール(ルンゼ)も登ります。

f:id:yoshikixx:20180817154512j:plain

クーロワールが登山ぽくてかっこいい

〇と×が書いてあり、×のほうに行くと、にっちもさっちも行かなくなるので要チェックや!

f:id:yoshikixx:20180817155552j:plain

楽しくてニコニコ!

竜頭峰からこんにちわ。僕の向こうに見えるのが小天狗という岩だと思います。この辺りに来ると、僕は楽しくて仕方ない。笑顔が止まりません。

どうやら登るスピードが速いらしく、きゃーきゃー言いながら登る白井さんに相当のプレッシャーをかけたようで「怖くないのかよ!?」と聞かれましたが、登りなんて何も怖くありませんよ。気分は平山ユージですw

 

白井さんはすれ違う人全てに話しかけ、キレットが怖かった、ハシゴがアレだったと説明して、恐怖を分かち合いながらも、無事に赤岳山頂(2899m)の登頂に成功。

f:id:yoshikixx:20180817202408j:plain

2012年以来かな。6年前には先代犬の小雪さんも一緒でした。

f:id:yoshikixx:20180817202709j:plain

スーパードッグ・小雪の雄姿。登ったことのある人ならわかりますが、あのルートを登る犬って、今、考えてみると凄いんですよねw 小雪はやっぱり凄かったなと改めて実感しました。

 

下山は文三郎尾根から行者小屋へ。行者小屋では美濃戸口まで車を回してくれた女房と合流。コーヒーを飲んで南沢ルートを歩いて下りました。

 

トライアスロンを本格的に始めてからは、登山も我慢してきましたが、久しぶりの登山は本当に楽しくて、リフレッシュすることができました。THE・夏休み!って感じ。

 

しかも、結局、7時間半くらいかかった登山のおかげで、ケツ筋やハムストリングスにしっかり刺激が入り、次の日の練習にも良い影響があったようです。やっぱりたまには登山も良いもんです。

www.relive.cc

八ヶ岳登山 三ツ頭~権現岳~赤岳①

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

8月13日は朝5時半過ぎに、八ヶ岳の小泉口登山道入り口に集合。

いつもは愛知県近郊で遊んでいる、トライアスロン仲間の白井さんが同じ時期に八ヶ岳にいるとのことで、一緒に八ヶ岳に登ることになりました。

 

コースは白井さんが昨年、恐怖のあまり心をボッキボキにへし折られた三ツ頭~権現岳~赤岳。赤岳からは文三郎尾根を下り、行者小屋を経由して美濃戸口に出ます。このコースを約7時間というのは、登山のガイドとしての僕であれば不可能ということでお断りwですが、白井さんと二人ならなんとかなるだろうってことで了承しました。

 

6時くらいに小泉口をスタート。

f:id:yoshikixx:20180817145844j:plain

小泉口にて。まだまだ元気な白井さん(笑)

このコースはとにかく急な登りか、急な降りで構成されているので、ほとんど走れません。逆コースなら小泉口は走れるかもしれないけど、登りで走るのは不可能。とにかく歩いて登ります。

 

山と高原地図のコースタイムだと2時間程度と書いてあるヘリポート跡まで1時間と少し。休憩なしで一気に登り、初めての休憩をしました。このペースで登り続けられるのは、トレイルランナーを含むランナーでなければ、トライアスリートくらいのもんでしょうね。

f:id:yoshikixx:20180817151023j:plain

早くも絶景

富士山と甲斐駒ヶ岳が見える場所で数分だけ休んで補給。ちょこちょこ食べるのは トライアスリートならでは。

 

三ツ頭までは森の中を進みます。時折、素晴らしい景色が見えて癒してくれます。三ツ頭はその名の通り、ぽこぽこと山頂が三つ、並んでいます。ぺちゃくちゃといつもの下らない話したり、心拍計が誤作動している話しをしながら三ツ頭に到着。ここから権現岳に向かうルートからは本格的な山岳に入ります。

 

三ツ頭から権現に向かう途中はクサリ場も出てきます。クサリ場とはいっても、一応、用意しときますねーってくらいですが、白井さんはすでにきゃーきゃー言っています。

権現までは30分ほどで到着。

僕が権現の最上部に登ろうとすると、白井さんはそそくさと通り過ぎます。

f:id:yoshikixx:20180817152408j:plain

逃げる白井

せっかくなので権現岳2715mの最上部、1㎡くらいしかない場所に立って、白井さんに写真を撮ってもらいましたが、さすがにここだけはちょっと怖かったw

f:id:yoshikixx:20180817152509j:plain

権現岳の本当の頂上

続きます。

八ヶ岳、ひまわり市場のPOPから目が離せない!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

八ヶ岳ではいろんなところに行きましたが、その一つが、地元のスーパー『ひまわり市場』です。

f:id:yoshikixx:20180816081054j:image

himawari-ichiba.com

外観はなんてことない普通のスーパーですが、品揃えは豊富で、特に乳製品の充実ぶりは特筆もの。見たことのないヨーグルト等がありました。

 

しかし、そんなことが面白かったわけではなく、何が面白かったかというと、いわゆるPOPです。

 

最初に見つけたのは餃子の値札。f:id:yoshikixx:20180816081519j:image

ケンちゃん餃子の上の小さな文字。

『あのけんちゃんとは資本関係はありません』

どのけんちゃんだよ(゚Д゚)!?と、突っ込むべきですが、文字の大きさは7ミリとか?で小さいので、誰も気づかないというw

 

ここからは続々と現れる謎のPOP。
f:id:yoshikixx:20180816084249j:image

『7つの具材がこれでもかと訴えかける』

 

f:id:yoshikixx:20180817080953j:plain

『この旨さは一度味わって欲しい(ゆいたく談)』

ゆいたくって誰やねん。

 

f:id:yoshikixx:20180817081105j:plain

『大人のおつまみだ(けんちゃん談)』

だから、けんちゃんて誰よ?

と、ここまでは控えめで、気づかない人がほとんどだと思いますが、一気にエスカレートします。

f:id:yoshikixx:20180817081244j:plain

f:id:yoshikixx:20180817081325j:plain

f:id:yoshikixx:20180817083019j:plain

魚を捌く職人さんの紹介はご覧の有り様w

 

肉コーナーでは遠慮もへったくれもありません。

f:id:yoshikixx:20180817082021j:plain

f:id:yoshikixx:20180817081549j:plain

 

f:id:yoshikixx:20180817081951j:plain

f:id:yoshikixx:20180817082216j:plain

f:id:yoshikixx:20180817083106j:plain

すでに肉に目がいきませんw

 

枝豆やチャーシュー、アイスクリームだって、普通には売らないぜ!

f:id:yoshikixx:20180817082518j:plain

f:id:yoshikixx:20180817082606j:plain

f:id:yoshikixx:20180817083235j:plain

 

写真は撮れませんでしたが、BBQ用の炭のところには『燃やし尽くせ!』と書いてありました。とにかくお店の人たちが仕事を楽しんでいるのが伝わってきます。

 

HPの会社概要には、以下のように書いてありました。

『目指しているのは「八ヶ岳のビックリ箱」。お客様を鮮度、品質、美味しさでビックリさせたい。熱いハートでビックリさせたい。』

 

お客さんに喜んでもらうために、良い品を揃えるという、当然にして、もっとも大切なことを行い、さらにそれをお客さんに伝えるための方法をPOPやHP、Facebookページという形で表現していました。伝わらなければ、知ってもらえなければ、何もやっていないのと同じですよね。

 

とても楽しくて、面白くて、学ぶことがたくさんあったひまわり市場でした。また行こう!

盆休みは八ヶ岳で合宿を。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

8月12日から盆休みに入り、さっさと暑い愛知県を脱出。八ヶ岳に来ました。我が家の旅はキャンピングカーでの車中泊なので、行き先は天気予報を見て、直前になってから決めます。今年の盆休みは候補地の白馬、軽井沢野尻湖朝霧高原八ヶ岳ともに同じような天気予報だったので、近くて練習環境がしっかり整っている八ヶ岳を選択しました。

 

移動日は寝る場所を見つけて、パノラマの湯に入って終了。練習は二日目からでしたが、二日目はすごく楽しかったので、改めてPCから書きます。PCとスマホでは機能が違って、表示できることと、できないことがあるんです。

 

三日目は朝っぱらからランのインターバルをやって汗だく。バイクはアップで清里から野辺山まで登り、JRの駅で最も標高が高い野辺山駅で一枚。


f:id:yoshikixx:20180814183420j:image

晴れているのに暑くないのが最高!しかも標高1,300m以上あるので、高地トレーニングの効果も有り。そりゃ練習する気にもなるってもんです。

 

野辺山周辺で10分ほど走りまわり、今度はメイン練習のために南に向かって坂を下ります。長い長い坂。10キロ以上続く、長い坂なんて、うちの辺りにはありません。せんせいの組んだメニューをこなすのに最適なコースです。

 

15分ほど下って、今度は登り返します。強度を上げすぎないようにインターバルを10本。30分でサクッと終了。下半身の疲労がすごい(笑)

 

朝8時にスタートして、午前中だけでこれだけ充実した練習ができるんだから、やっぱり涼しい山はいいなぁ。

 

僕がいるのは八ヶ岳の南東ですが、西側の原村辺りには有名大学の陸上部がたくさん来ているようです。つまりは、練習環境が整っているってことですね。

 

夏の八ヶ岳は最高です。