トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

トライアスロンの練習について、時間の長さから書いてみた。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

そういえば最近、トライアスロンのことを書いていないのに気づきました。まあ、理由は簡単で、シーズンオフだからです。シーズンオフともなると、大会も無くて、昨年まではランの大会にもちょくちょくエントリーしていたので、それなりに書くこともあったんですけど、今年はランの大会へのエントリーもしていないので、ひたすら練習する日々なんです。

 

で、㈱藤井組さんの新年会のときにトライアスロンの練習の話しを聞かれたので、僕がどれくらい練習しているか、完走するためにはどれくらいの練習をすれば良いかを書いてみることにしました。

 

僕の場合、平日は月曜日以外、ほぼ毎日1~2時間、休日は日によって違いますが、1月21日を例に挙げるバイク2時間半(屋内ローラー)、ラン35分、スイム30分の約3時間半。バイクは本当は外でもっと長い時間、乗るメニューだったんですけど、せんせいが「ローラーならもっと短くて大丈夫」と言ってくれたので短くしました。元々のメニューだと4時間くらいだったはず。

 

普通は外で自転車に乗りたいという人が多いんですけど、最近の僕はもっぱらローラーっ子。外乗りだと周りの自動車に注意しないといけないし、信号では止まらないといけないし、当然、風や坂の影響を受けてしまって、メニュー通りの練習をするのが難しいということと、冬は乗り始めは寒いということで、防寒対策をしっかりすると、途中からは暑くて困るし、洗濯物が増えちゃうという、理由から徐々にローラー大好きっ子になっていったわけです。

 

とまあ、だいたい一週間を合計すると12時間くらいは練習しているかなと思うんですけど、本当のところ、完走を目指すレベルであれば、こんなに練習する必要はありません。

 

51.5km(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)、ショートと呼ばれる距離であれば、平日の一日おきに30分~1時間、スイムとランを交互にやって、土日のどちらかに2時間くらい自転車に乗る、週の合計で5時間くらいやれば充分。合計100キロを超えるミドルという距離でも、プラス1~2時間もやれば完走は、ほぼ間違いなくできるはず。ロングでも昔、読んだ本では10時間くらいが目安だと書いてありましたが、僕が初めてのロングを完走したころには8時間も練習していなかった記憶があるので、8時間くらいで完走はできると思います。

今週の平日は2時間しか練習できなかったなーとなれば、週末に2時間のところを、もう30分だけ余分に練習するとか、無理ない程度で練習していけば大丈夫だし、仮に平日に1時間の練習しかできなかったとしても、週末に2時間も余分な練習をする必要はありません。

 

ここまで書いてきて練習の距離を書いていませんが、あまり距離は関係ないと思っています。フルマラソンを完走するために、平日に20kmも走る必要なんて無くて、それよりも距離を決めずに1時間、ゆっくりと走るということをこまめにやったほうが効果があるはず。

 

距離に惑わされず、スタートしたら1時間は運動し続けるという意識で練習すると、ランの大会でもトライアスロンの大会でも無理なく、完走を目指すことができると思います。

ドラマの予告編、発信!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

撮影に行ってきたよー、と12月18日のブログ

yoshikixxtri.hatenablog.comで書いたドラマがもうすぐ公開されます。

 

紆余曲折というか、天候不良やら体調不良やらで、完成が遅れていた愛知県屋根工事連盟が作ったドラマ『鬼みち』

ついに完成しました。

 

何をやっても長続きしなかった麗奈が地元・高浜に戻り、なんだかんだと鬼師=鬼瓦を作る職人を目指していく物語です。

 

dela(NBGF 名古屋美少女ファクトリー)の三人は寒い中をこんな格好で頑張ってくれて

f:id:yoshikixx:20180120144506j:plain

 

何回も何回も撮り直してくれて

f:id:yoshikixx:20180120144531j:plain

 

鬼師kumi(http://www.e-oni.com/onishi.html)さんは、学芸会以来と言いながら、見事に演じてくれて

f:id:yoshikixx:20180120144624j:plain

 

合間には45歳のお兄さんと写真まで撮ってくれて

f:id:yoshikixx:20180120144431j:plain

 

ついに完成しました。

まずは予告編から。30秒で終わるので、観てみてくだされ。

www.youtube.com

 

制作してもらった名古屋テレビ映像さんには本当にお世話になり、僕のわがままを全て聞いていただきました。感謝してもしきれません。もし続編を、と言っても断られるかもしれませんが、本当に感謝しています。

 

本編がアップされたら、また報告します!

八代亜紀のライブに行ってみた

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

八代亜紀のライブに行ってきました。

f:id:yoshikixx:20180119105520j:plain

 

八代亜紀です。はい。演歌の。『舟唄』とか『雨の慕情』の。演歌なのにライブってw、なに?タケウチ、演歌とか聴くの?と思われるでしょうが、残念ながら演歌は聴きません。じゃあ、なんで八代亜紀のライブかというと、八代さん、ジャズも歌っているんです。アルバムも出しているし、そもそも歌の世界に入ったのはジャズから。ジャズなのでリサイタルではなくてライブです。

 

会場はブルーノート名古屋。

f:id:yoshikixx:20180119105935j:plain

演歌の場所ではありません。あくまでもクラブなのでお酒も飲めるし、食事もできます。飲みながら食べながら、上質の音楽に浸るのがブルーノートです。

f:id:yoshikixx:20180119110128j:plain

かといって、お客さんの年齢層はかなりお高い感じw 僕よりも若い人は3~4人?満員で200人くらいのうちの3~4人なので、まあまあ希少ですw

 

さすがにライブ中の写真は無いので感想だけになりますが、八代さんが登場すると、子供のころからテレビで観ていたスターが目の前にいるという、なんだか時別な感じ。ブルーノートという小さな箱だからこそです。

 

歌は言うまでもなく圧倒的。歌いたい歌を、歌いたいように歌い、お客さんをグルーヴに巻き込んでいく。だいぶ年齢のいったお客さんたちがノリノリで体を揺らす。

歌の世界を志したのは、お父さんが買ってきたジャズのレコードを聴いたのがきっかけとのこと。歌は練習すれば上手になるけど、声を変えることはできません。子供の頃はコンプレックスだった、八代さん曰く「お父さん似」というハスキーな声は、MC中にはときおり何を言っているかわからないほどハスキーだけど、ズドンという迫力とともに、ジャズナンバーを表現します。

46年も歌で食っていて、21時15分開演というライブにこういう世代の人たちを集めるということだけでも、その価値を表していると思います。

かっこいいという言葉がぴったりでした。

 

八代さん、さすがベテランです。トークも上手。MCの途中で女房がグラスを倒し、ガシャン!という音を聞いた八代さんが「大丈夫?」といじってくれて、恥ずかしいやら感激するやらで、今回のライブ参加の言い出しっぺの女房も喜んでいました。

 

自分が子供だったころ、あるいは音楽に対してニュートラルに聴くことができなかったころには、演歌歌手・八代亜紀のライブに来るなんて考えられませんでした。ずいぶん大人になったもんだなと思うと同時に、かっこつけて良い音楽に背を向けるなんてもったいないなとも思いました。

ノイズキャンセリング・ヘッドホンを使ってみたら驚いた

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

BOSEノイズキャンセリング機能付きヘッドホンを導入したら、飛行機の中でもすごく眠れると長坂さんや鹿島さんが話していて、そうなんだー、欲しいなーと思っていたのですが、BOSEBluetoothでとなると数万円もするし、それで何回使うのかと考えると買えずにいました。

 

ところが調べてみると、各メーカーから安いモデルも出ていることがわかり、Bluetoothではなくて、ケーブル接続のタイプならかなり安く買えることがわかったので、思い切って導入してみたので、レビュー的なことを書いてみます。

 

今回、導入したのはこれ↓

f:id:yoshikixx:20180117162522j:plain

SONYのMDR-ZX110NCというモデルです。

価格はなんと…

3,644円(楽天、税込み、送料別)!というお安さ。

こんな価格なのに、騒音を95%もカットしてくれるらしいです。

f:id:yoshikixx:20180117162752j:plain

 

箱から出してみると、折りたたまれた状態です。

f:id:yoshikixx:20180117163137j:plain

持ち運びには便利ですね。片方の耳当て(?)部がパカっと開いて、単4乾電池を一本入れます。

くりっとねじるとヘッドホンの形になります。当たり前か…。

f:id:yoshikixx:20180117163447j:plain

 

装着してみるとこんな感じ↓

f:id:yoshikixx:20180117163537j:plain

耳を完全に覆うほどの大きさはありません。耳に押し当てられる感じなので、人によるかもしれないし、耳の形状にも左右されると思いますが、長時間の使用になると、耳が痛くなっちゃうかもしれません。

 

音楽を聴く場合はケーブルをスマホiPodに差す必要がありますが、ノイズキャンセリングだけなら差さなくてもOKです。

とりあえず装着してスイッチオンしてみると、事務所にある複合機の音が少し小さくなりました。こんなもん?って感じであまり効果を感じません。次に引き戸を動かしながら、スイッチのオンオフを繰り返してみると、今度はかなり効果を実感。得意な音と苦手な音があるのかしら?

 

続いて安全な場所で車を運転してみることに。僕の車はハイブリッドなどというハイテクじゃないし、北米トヨタ仕様のFJクルーザーなので、けっこうな排気音がして、今はスタッドレスタイヤを履いているので、さらにうるさく状態になっています。

 

スイッチオンして運転してみると、確かに静かに感じます。それもかなり静か。たしかに80%~90%減といった感じ。その上でラジオからの音楽は一応、聴こえます。おお、なかなか静かだなと感心しつつ、運転したままでヘッドホンを外してみたら凄まじい騒音が!こんな音を、あそこまで静かにしていたのか!凄いぞ!これは使える!

 

ケーブルはまとめておけば、そんなに邪魔にもならないし、飛行機の機内放送を聴くための変換用イヤホンジャックも付属しています。そらまあ、もっとお金を出せば、もっとノイズをカットしてくれて、かっこいいものがあるけど、そんなに使う機会は無いし、僕にとっては必要かつ十分な品だと思います。

 

あ、そうそう。

音楽を聴いたときの音質はイマイチかなと。低音が足りなくて、全体的に軽い感じ。音楽を聴くのにこだわりがある人にはオススメできません。あくまでもノイズキャンセリング機能付きヘッドホンの『安い』ものだと考えてくださいね。

 

ちなみに今月中に実戦配備して実験してみる予定です。

100均の自撮りグッズを検証してみた

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

ブログを書くようになって、自撮りすることが増えました。Facebookだけのときも、たまには自撮りを載せていましたが、ブログの場合は書いている僕の人物像を伝えたいという思いもあって、自撮りを多く載せるようにしています。

 

自撮りのときに、携帯の内側のカメラだけだと、どうしても自分が大きく写り、背景が写りにくくなってしまうので、数種類の自撮りグッズを使っているのですが、主に100均で売っているものばかり。所詮は100均なので、物足りないところもあったり、まったく使い物にならなかったりもしましたが、今回は比較的使えるものを、検証してみました。

f:id:yoshikixx:20180116182921j:plain

左からスマホ用三脚、ワイドレンズ大(白)、ワイドレンズ小(黒)、スマホスタンドで、下が言わずと知れた自撮り棒。自撮り棒以外は100均で買いましたが、今は自撮り棒も100均で売っているのかも。

 

まずはスマホスタンドから。

f:id:yoshikixx:20180116183234j:plain

f:id:yoshikixx:20180116183254j:plain

↑こんなふうにスマホを置くわけですが、角度は変えられないし、置き場所は平らじゃないといけないしで、まあ使えない(´・ω・`) ほぼ使わずにお蔵入りしましたが、YouTubeとかを観るには良いかもしれませんね。

 

続いて三脚。

f:id:yoshikixx:20180116183728j:plain

これはバッチリ使えます。三脚っていうのは、置き場所がガタガタしていても安定しますから、外でセルフタイマーを使って撮るときには、めっちゃ良いです。台の下のクリップ状の部分も何かに使えそう。さらに、スマホを挟む部分が取り外せて、デジカメを固定することもできます。

f:id:yoshikixx:20180116184217j:plain

一眼レフは無理ですが、コンデジならまったく問題なし。実力はナンバー1と言っても良いでしょう。

 

ここからは撮った写真の比較もしていきます。立ち位置は同じです。

f:id:yoshikixx:20180116184933j:plain

左上:手を伸ばして撮影

右上:自撮り棒をいっぱいに伸ばして撮影

左下:ワイドレンズ小で撮影

右下:ワイドレンズ大で撮影

 

自撮り棒はいっぱいに伸ばすと意外と重くて、水平にしての撮影が難しいのですが、当然ながら平らな(?)写真が撮れます。

ワイドレンズ小にすると、写る範囲は自撮り棒と同じくらいですが、レンズの淵(ケラレ)が写りこんでしまいます。ただ、魚眼的な雰囲気も楽しめるようになるので、集合写真を撮るとけっこうおもしろいです。

ワイドレンズ大は最も広い範囲を撮影可能。やっぱりケラレは入りますが、写る範囲が格段に広いので気になりません。

 

同じく自撮りではなくて、風景を撮ってみると

f:id:yoshikixx:20180116185939j:plain

上からそのまま撮影、二段目がワイドレンズ小、三段目がワイドレンズ大。

写る範囲はどんどん広くなりますが、下に行くほど、ピントが甘いというか、ぼやけます。風景を撮るには向いていないかもしれません。同じようなワイドレンズでも、100均ではなく、数千円を投資すれば、綺麗な写真を撮れるものもありますが、100均にそこまでのクオリティを求めてはいかんのでしょうね。

 

ただ、まあ100均なので、失敗しても惜しくないし、ちょっと試してみるくらいの感じには十分なので、まだ使ったことのない人はお試しあれ。ちなみに、ワイドレンズ小にはマクロレンズも付属しています!使ったことないけどね。

阪神淡路大震災の日に毎年、思うこと。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

23年前の1月17日は阪神淡路大震災が発生した日。

僕は栃木県の大学に通う4年生で、その日はたまたま早く起きて、朝7時半くらいにテレビを点けました。

映し出されたのは倒壊した高速道路と死者200人以上という文字。高速道路が倒れるなんて、どこか分からないけど、この国は大変なことになったなぁ。どこの国のことだろう…。とぼんやりと画面を観ていると、どうしても日本だとわかってしまうものも映しだされてくる。おかしい、そんなわけない、日本の高速道路が倒れるわけない。慌てて愛知の実家に電話してみると、まったく繋がりませんでした。しばらく見ていたテレビの情報から判断するに、愛知では大きな被害はなく、高速が倒壊したのは神戸らしいことが分かりました。

 

僕が神戸に入ったのはその年の9月でした。修行先である名古屋の(資)岡戸建材店さんから派遣され、新築物件の屋根工事を行いました。先輩職人と三人で一週間、フルに仕事して三軒の工事を完了させました。

 

宿泊した場所から現場までは、距離的には遠くないのに、渋滞がひどく、到着までには2時間を要しました。朝6時に出発して、8時に到着。6時近くまで作業して宿にもどるという一週間。正直なところ早く名古屋に帰りたい一心で働いていました。

 

とはいえ、僕は4月から修行し始めた小僧なので、大したことはできません。瓦を屋根に揚げるのはめちゃくちゃ頑張りましたが、他にはひたすら先輩たちの手間取りをして、その合間に自分ができることをやっていく程度。あとは弁当を買いにいったりする雑務だったのですが、その弁当を買いにいったときのことです。

 

お弁当屋さんに入り、弁当を注文すると、お弁当屋さんのご主人が「どこから来た?」と聞いてきました。「名古屋からです」と答えて、しばらく待っていると、ご主人は「ありがとう」という言葉とともに、手に持っただけで超大盛りだとわかる弁当を三つ渡してくれました。

 

今、考えてみると、あのときの「ありがとう」という言葉は、弁当を買ってくれてありがとうなのか、神戸のために来てくれてありがとう、なのかはわかりません。でも、あのときの僕には「神戸のために…」だと聞こえました。

 

早く帰りたくて仕事している、使えない小僧にまで「ありがとう」と言ってくれたご主人は僕に、仕事するということは人の役に立つことだ、屋根屋の仕事は人の役に立つんだと教えてくれました。あの一言で僕の神戸での仕事の意味が変わり、その後の仕事の意味も変わりました。

 

あのときのご主人が教えてくれたことに応えるためにも、僕はやらないといけないと、毎年、思うんです。

青年会議所の新年懇親会に出席して歳を実感する

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

古巣である常滑青年会議所(JC)の新年懇親会に出席してきました。

40歳で卒業なので、僕も2012年までは会員として活動していたわけですが、5年前となると、ずいぶん昔に感じてしまうものです。特にJCという組織は決まり事が多くて、その決まり事を厳守することが要求されて、卒業してから5年ともなると、あまりのキッチリっぷりにとまどってしまいます(´・ω・`)

 

まずは現役メンバーとOBの記念写真。

f:id:yoshikixx:20180115181448j:plain

現役の人たちはずっと緊張しているのに対して、OBはだるんだるん。現役のころに自撮りなんてしたら、こっぴどく叱られたはず…。それはそれとして、なぜか二列目に並べられ、危うく一列目になってしまいそうな感じに。まだそんな歳じゃないはずなのに…。

 

 撮影が終わると、OBはいったん会場の外に出されます。寒いのにw わざわざ外に出しておいて時間が来たら拍手で入場させるというのが、常滑JC流なので、OBはきっちり従います。無駄だなんて絶対に言いませんし、思ってもいません。入場してからも開会時間までに2分ほどあったので、開会宣言は行われません。まだ2分ありますから。俺だったら始めちゃうね、なんてこれっぽっちも思いませんよ。

 

今年度の理事長の入場も、常滑JCでは一大事。2010年度の理事長だった僕は、ここで書けないくらいの恥ずかしいコントをやらされました。そのバチが当たったのか、当時、新年懇親会の担当委員長だった村田ヨシツグも、自分が理事長として入場するときには、さんざんな辱めを受けていたので、良い気味ですw 

権田君自身は羨ましいことに普通に登壇していましたが、その前に副理事長や委員長による謎の儀式が行われ、僕は恥ずかしくて見ていられなくて、写真も撮れませんでしたw

f:id:yoshikixx:20180115190003j:plain

コントやら謎の儀式やらで集中力を欠いた状態で、理事長は挨拶をするわけですが、これが緊張するんです。居並ぶOBは押しも押されもせぬ、そうそうたる面々です。僕は7分くらい話したと思いますが、冗談の一つも言わず、ずっとしかめっ面で、それは僕が聞いたことのある全ての歴代理事長の新年の挨拶と同じでした。権田君の緊張は手に取るようにわかります。でも、理事長は新年の挨拶が終わったら、一年が終わったも同じ。あとは仲間に任せるだけ。当時は分からなかったけど、ほんと、そんな感じなんですよね。

 

f:id:yoshikixx:20180115191102j:plain

OB会長の後藤彰一郎先輩は相変わらずシュッとした感じでかっこいい。それにしても、第41第理事長の後藤さんがOB会長ってことは、49代の僕に回ってくるまで、あと8年しかないってことか…。卒業して5年という期間の短さを考えると、あっという間に回ってきそう。そのときに堂々と、OB会長として挨拶できる自分でいないとね。

 

OBにとっては新年懇親会は同窓会みたいなもので、ただただ楽しいばかり。一応、同じ席には現役も座ってくれますが、新入会員なんかだと、OBとは何を話して良いのかわからないから、けっこうツラいものです。僕くらいの年になると、現役の頃に共に活動した後輩が同じ席だったりするので、お互いに気楽です。

 

卒業して5年。あっという間に過ぎ去りましたが、紆余曲折あったのは間違いなく、それは僕だけではないのですが、現役の人たちと話すと、あの頃の自分を思い出します。そして、今はとてもではないけど、当時のような活動はできないなと感じます。もちろん、今だからこそできることもありますが、若さあってこその活動は間違いなくあります。もう一度、JCをやれと言われたらまっぴらですが、あの活動をできていたのは絶対的に若さだなと感じるのです。