トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

IZU TRAIL JOURNEY 傾向と対策

トライアスリート屋根屋兼遅咲きなんちゃってトレイルランナーの竹内です。

 

今日もIZU TRAIL JOURNEYです。今回はITJの傾向と対策です。

 

ITJは総距離71.7キロ、獲得標高4,408m、最低標高0m、最高標高1,035mという、ミドルディスタンスのトレイルランニングレースです。

f:id:yoshikixx:20171214083409p:plain

f:id:yoshikixx:20171214083436j:plain

 

大会の運営、景観、エイドの質と全てにおいてハイレベルで、きちんと準備してくれば、最高に楽しい旅を堪能できます。ただ、この準備が非常に重要だと感じたので、来年以降に出場や完走を目指す人と、自分自身の備忘録としても、書き記しておこうと思いました。

 

なにはともあれ寒さ対策

2017年のITJ、出走者数1,589名に対して、制限時間内の完走者数1,220名。完走率76.8%となりました。つまり369名もリタイアしました。スイム3.8キロ、バイク180キロ、42キロのロングディスタンス・トライアスロンでも完走率は90%以上。IRONMANシリーズでは95%前後になります。この差はほとんど寒さが原因だと思います。

 

距離や標高差よりも寒さとの闘い、というのがITJだと思うんです。

 

 

前日の競技説明会でプロデューサーの鏑木さんが「必ずダウンを持っていくこと。ニット帽も欲しい」と言っていました。70キロものトレランが初めての僕は、そこまで必要ないんじゃないかと思いましたが、鏑木さんのアドバイスに従って、コンビニでニット帽を買って、装備に追加しました。それで出来上がったスタート時の服装がこれ↓

f:id:yoshikixx:20171213184854j:plain

ニット帽、ネックウォーマーを兼ねてのBuff、綿50%・ポリエステル50%の長袖Tシャツの中にドライ系Tシャツとアームカバー、ランパン、ハイソックス。これにレギンスもプラスしました。装備には薄手のダウンとシェル。最終的には全てを着用して走っている時間帯もありました。

ニット帽は途中で脱いでザックに入れ、Buffをヘッドバンドにしている時間が長かったかな。

ちなみに長袖Tシャツは速乾ではありません。速乾素材は素早く汗を乾燥させますが、その際に気化熱として体温も奪っていきます。次回、出場するのであれば、薄手のメリノウールを着用します。

 

9日(土)の天気予報によると朝6時のスタート地点の気温は3℃。9時の天城山(標高1,406m)が2.9℃。標高の低い伊豆市の15時が11.9℃となっていました。スタート地点の気温は、それほど低くなりませんでしたが、ダウンを着用しても寒いくらいでした。スタートしても標高が上がり続けるため、気温は下がる一方で、最初にかいた汗が乾くことはなく、ずっと冷えた状態でした。気温が低い上に、強風にさらされた場所での体感温度はマイナス5℃を下回ったはずです。

 

リタイアした人を見ていて感じたのは、寒さ対策の不備でした。パタゴニアやノースフェイスの広告に登場するような、ダウン等を持たない簡素な装備でスタートし、低体温に陥った人が多い印象です。脚をむき出しにして、荷物を持たないで山を駆ける姿はかっこいいものですが、それで身を危険にさらし、DNFしてしまうのは間違っています。

 

身体は暑いときには動きますが、寒い時には動きません。暖かい装備を用意し、エイドでしっかり補給することはもちろんのこと、30分から一時間に一度は100キロカロリーくらいは補給しないと、体温を維持できなくなってくると思います。

 

競技規則に載っている温かい装備と、十分な補給が完走への第一歩です。

 

無駄のない練習を

当日の僕のレベルはおそらくフルマラソン3時間15分くらいです。遅くはないけど、むちゃくちゃ速いわけではないランナーで、今までの最長距離は45キロのトレイルでした。そんな僕が今回はかなり余裕を持ってゴールしました。タイムは12時間28分09秒で男子1,363名中600位。真ん中よりは上ってくらい。

 

練習量は少なく、9月が54.3キロ、10月が145.2キロ、11月が150.2キロです。これで12時間半で走れるんだから、まあまあ効率的な練習をしていると思います。本当のところ、かなり余裕があったので、スタート時に前のほうに整列して、追い込めば1時間以上の短縮は可能だったと感じています。

 

効率的な練習というのは距離に囚われることなく、内容を重視した練習です。ほとんどの練習は距離ではなく、時間で管理しています。

山が近くにない地域に住んでいるので、週末には100m~150mくらいの坂を上ったり下りたりを30分から40分走り、その後に2時間、アップダウンのある舗装路を走ったいしていました。平日は1時間程度でジョグと少し早めのペース走等。

ランだけではなく、スイムやバイクで心肺機能を向上させるのも有効です。ランだけの練習だと、脚を疲労させてしまうので、脚を休ませながら、心肺に刺激を与えていくのは、とても効果的だと感じました。

 

そして直前の一週間は二日に一度のジョグくらいで疲労抜き。疲労の無い状態で臨むというのも大切なことだと思います。

 

塩分補給をしっかり

ランだけしかやっていない人たちと会話していて、気になるのが塩分補給に対する意識の低さです。ハーフマラソンくらいであれば、ほぼ気にしなくても良いし、フルマラソンでも、そんなに大切では無いと思います。

 

が、10時間を超えるような距離になると話しは別です。今回も途中で脚を攣らせている人たちを何人も見ました。ミドリ安全の塩熱サプリとか、コンビニで手に入るラムネみたいな塩分補給タブレットとかでは、ほとんど無意味です。もっともっと塩分は必要です。今回の僕は最初に持っていく水分を経口補水液にして、途中では1時間に一個は#0くらいの大きさのカプセルに、岩塩を入れたものを飲んでいました。これで痙攣もしなければ、攣ることもありませんでした。

 

12時間28分という平凡な記録ですが、それでもはじめての距離を、余裕を持って旅を楽しめたというのは事実で、出場する大半の選手がこのくらいのタイムでゴールしてくるはずです。かっこいい速くて強い選手をマネして完走できないよりも、なによりも安全に完走したほうが、楽しい旅になります。

ITJ A3から、感動のゴールへ!

トライアスリート屋根屋兼遅咲きなんちゃってトレイルランナーの竹内です。

 

フルマラソン3時間15分くらいのランナーによるレポートだと思って読んでください。

 

IZU TRAIL JOURNEY 2017

A3土肥駐車場ではスタッフが「ここから先はもっと寒くなります!防寒対策を万全にしてください!」とアナウンス。僕はすでにダウンを着用済みなので、そのまま出発しました。

 

土肥駐車場からは3キロほどの上り区間。この一帯には積雪があります。降り積もった雪の道を選手が通過するために、コース上はぐちゃぐちゃに。滑る足に気を遣い、さらに稜線上では天気予報を大きく上回る強風が吹きつけます。強風の模様は動画でどうぞ。

www.youtube.com

昨年も出場した人によると、今年のほうがきつかったようです。気温は5℃を下回り、強風により体感気温はさらに下がります。ダウンを着ていても寒い。かといって、滑るので走ることもできない状態が続きます。

 

ひたすら寒さに耐える時間。前日の説明会で鏑木さんが「とにかく寒いから防寒対策をしっかりと。思ったより温かかったという人は一人もいません」と言っていた意味がよくわかりました。装備が不十分だと低体温症に陥るでしょう。

 

最後のチェックポイントを通過し、残すは下りの10キロ。最後は気持ちよく飛ばして終わるか!

と思いきや、2キロの上りはあるわ、下りも勾配が急だわでまったくペースが上がらず。最後の最後に追い込んでくれるコースです。

 

急勾配の下りをヘッドライトを頼りに走ります。

f:id:yoshikixx:20171212181007j:plain

ついに山を抜け、あと2キロだ!と思っていると、ボランティアの人が「残り3キロです!頑張ってください!」と死の宣告(笑)

70キロ近く走ってきておいて、たかだか1キロ増えたからといって何か変わるのかと思うかもしれませんが、この精神的なダメージはデカいです(笑)

 

もう歩いちゃおうかなーと一瞬、心によぎりましたが、ここで歩いたらもったいない!と思い直して走り続けました。最後の3キロのペースは余裕を持っての5分20秒/km。こんなに走ってきたのに、まだこのスピードが出せるなんてと、今までの練習に感謝します。

 

ついに修善寺の温泉街に突入。

f:id:yoshikixx:20171212180931j:plain

写真はブレるけど、走るのは止めません。

ここに来て両膝は痛いけど、足首も痛いけど、シューズのインソールはヘタり、ソールの凸凹を足裏に感じるほどだけど、走るのは止めません。ここで歩いたら後悔することを知っているから。

 

ボランティアの人に応援されながら走り続けると、ゴールの修善寺総合会館が見えてきました。なんだこの最後の下り坂は!急すぎるわ(笑)筋力を失った今、ここを駆け下るのはさすがに危ないと判断して、ちょっとだけ歩き、ついに明るく照らし出されるゴールゲートに向かいました。

 

後ろに人がいないことを確認して、ゴールテープの手前で振り返り、コースに向かって一礼。

 

「ありがとうごさいました。」

 

ボランティアの皆さん、大会関係者の皆さん、スポンサーさん、近隣の皆さん、全ての人たちのご協力の下で、僕たちは一日、旅をさせてもらえたということへの感謝。

長い長い一日だったはずなのに、あっという間と感じました。

 

f:id:yoshikixx:20171212185823j:plain

f:id:yoshikixx:20171212185802j:plain

12時間28分09秒というタイムは決して早くはありませんが、最後まで走りきった自分には納得できました。ゴールしてすぐには笑顔でいられたのに、少し時間を置いたらちょっと泣けたりして。トライアスロンでは忘れていた感情でした。

 

最後の最後に膝は悲鳴を上げましたが、体中がずっと耐えてくれて、気持ちは一度たりとも折れることなく、ゴールに向かって走り続けられ、ゴールのときに思ったのは寒い中を僕たちのために大会を開催してくれた人たちへの感謝でした。

 

『LIVING ON THE TRAIL』

IZU TRAIL JOURNEYは極寒との闘いでしたが、本当に素晴らしい大会でした。また必ず出場します。

ITJ A2仁科峠~A3土肥駐車場

トライアスリート屋根屋兼遅咲きなんちゃってトレイルランナーの竹内です。

 

フルマラソン3時間15分くらいのランナーのレポートだと思って読んでください。

 

IZU TRAIL JOURNEY 2017

ダウンを着たままで走り出し、まずは2キロの上りです。すぐに暑くなって脱ぐことになる予定だったのに、なにこれ?ぜんぜん暑くなりません。途中で木の階段、木段が続きますが、これがなかなかにツラい。自分の歩幅で上れないのは負担が大きいので、木段の手前にある、ちょっとした段差でも使うようにして、脚にかかる負担を軽減するように努めました。

 

距離も50キロを超えてくると、それぞれのペースに大きな差が出来てきます。僕はまだまだ元気だったので、少し広いルートに出たら、前にいる集団を抜いていきました。

 

夕刻に近づいてくると、伊豆半島の西に陽が落ちてきて、熊笹のトレイルを赤く染めていきます。

f:id:yoshikixx:20171212171720j:plain

f:id:yoshikixx:20171212171401j:plain

前だけ見ていると見落としてしまう美しい風景が広がっているので、開けた場所ではときおり振り返ってみました。

 

52キロ地点までは一旦下り、せっかく下ったのに再び2.5キロを上ります。「ここから2.5キロの上りかー」とつぶやくと、前を走っていた若者が「忘れようとしてたのに」とぼそり。すまぬすまぬ。しかし、僕は確認したいんだよ。

 

この2.5キロの上りで大量に抜いてA3土肥駐車場に到着。ここまで来ると選手たちの到着はまばらになり、エイドにも余裕があります。さっそく土肥名物のしし汁(猪汁)を二杯、バナナ、熱いレモンティーを投入。ジェットヒーターの前で暖を取りながらルートを確認。未だに短パンの人がいるのが不思議でなりません。

 

極寒の仁科峠と比べると僕自身も元気で、ボトルに水分を追加して最後のエイドを後にしました。

 

次回はついに感動のゴールへ!

ITJ A1こがね橋~A2仁科峠

トライアスリート屋根屋兼遅咲きなんちゃってトレイルランナーの竹内です。

 

フルマラソン3時間15分くらいのランナーによるレポートだと思って読んでください。

 

IZU TRAIL JOURNEY 2017

24.9キロ地点にあるA1こがね橋を出発してからは、なんとか走れる程度の上りが2.5キロほど続きます。僕はまだまだ余裕がありましたが、考えてみると、すでにハーフマラソンの距離は超えているわけで、けっこう歩いている人が多いです。僕はゆっくりながらも走り続けました。スタート位置が全体の四分の三くらいの位置だったので、前には抜くべき人たちがたくさんいます。

 

2.5キロ上ったからといって、そこで上りが終わるわけではなく、細かくアップダウンを繰り返したあとは、三蓋山(みかさやま、標高1013m)までは標高を上げ続けます。

 

35キロ地点の三蓋山山頂に到着したのは、スタートして5時間40分後の11時40分。

f:id:yoshikixx:20171212155717j:plain

普通なら暖かく感じてくる時間帯ですが、標高1013mはやっぱり寒い!

ここから仁科峠までは山の稜線を通るコースなので、かなり寒そう。

 

この辺りで右太もも、薄筋か縫工筋辺りに軽い痙攣を感じましたが、疲労はそれほどでもなかったので、塩分不足と判断して、魔法の塩を1カプセル。ここからは1時間に一つ、魔法の塩を摂ることにしたら、痙攣することはありませんでした。

 

さらに、ゆるゆるとしたアップダウンを前走者のペースに合わせて走っていたら(感覚的には6分/kmちょっとくらい)、疲労抜きの効果があったのか、すっと脚が軽くなる感覚が。残り半分にして疲労を感じていないというのは嬉しい誤算でした。

 

三蓋山からコース最高地点、1035mまでは4.8キロ程度。狭いので追い越し禁止に指定されている区間を気持ちよく走って猫越岳(ねっこだけ)に到着。

猫越岳からは富士山も見えます。だったけ(笑)。とにかく、このあたりからは富士山が見えるようになります。苦しいときにでも富士山が見えると、おおっ!と声が出て、リフレッシュできます。霊峰富士は力を与えてくれますね。

f:id:yoshikixx:20171212161558j:plain

↑これが猫越岳のあたりから見た富士山だったかは定かではありませんが、とにかく富士山が見えました。

 

猫越岳から仁科峠までは、後藤山を少し登るだけで、基本的には下りになります。後藤山山頂ではパンダ隊の応援が。

f:id:yoshikixx:20171212173647j:plain

ははーん。熊笹だからパンダなのか。後にパンダ隊の一人は太田さんの友達だと判明しました。

熊笹の走路を下っていくと、コースと車道が重なる付近で応援してくれている人が何人もいてくれました。応援というのは本当に力になります。

 

仁科峠を通りすぎ、43.5キロ地点のA2に到着すると、ここがめちゃくちゃ寒い!日陰で風が吹きつけてくるので、ウインドブレーカーだけでは耐えられず、ユニクロのULダウンを着て、西伊豆町名物の塩鰹うどんを二杯、アンパン、バナナ、熱いレモンティーを立て続けに補給して、水をボトルに追加してから出発。とにかく寒いエイドステーションで、どうやらここで大量のリタイアが発生したようです。43.5キロを走ってきた挙句の、あの寒さなのでここでのリタイアも英断でしょう。

 

寒いよりはマシだと判断して、ダウンを着たままで再び走り始めてすぐに、半袖シャツの短パンという猛者が(笑)

のちにあゆキャプのFacebook友達のハムカツさんという人だというのが判明して、思わず「良い旅でしたね」と書き込むと、体質ですぐに暑くなって汗をかいてしまうので、ウインドブレーカーを着用したのは、ほんの短い時間帯だけだったと返信してくれました。凄い人がいるものです(;・∀・)

 

次のエイド、A3土肥駐車場まではわずか11キロしかありませんでしたが、ここからがIZU TRAIL JOURNEYの本番といっても過言ではないエリアに突入です。

ITJ2017スタート!

トライアスリート屋根屋兼遅咲きなんちゃってトレイルランナー、常滑は屋根誠の竹内です。

 

 フルマラソン3時間15分くらいのランナーによるレポートだと思って読んでください。

 

IZU TRAIL JOURNEY 2017

当日は早朝4時前に目を覚まし、朝食を摂り、テーピング等の準備をして、宿から10分のスタート場所の松崎新港へ。途中、コンビニで買ったコーヒーを飲みながら歩いていくと、明るく照らしだされた会場はすでに選手たちの熱気があふれていました。

f:id:yoshikixx:20171211205508j:plain

 

10時間切りを狙うような選手たちは、スタートの30分以上前からスタートゲートに並んでいました。僕は寒さで体力を奪われるのを防ぐため、荷物預けをギリギリにして、アップを開始。ジョグだけでなく、あらゆる筋肉に刺激を入れるように動きました。

f:id:yoshikixx:20171211210118j:plain

スタート前の一枚。特に不安は無し。落ち着いたものでした。

 

朝6時ちょうどにスタート。

www.youtube.com

1500名の選手たちが一斉に動き出しました。

f:id:yoshikixx:20171211211640j:plain

ヘッドライトの波はすぐに山の中に飲み込まれていきます。僕は暑くなってきたので、一旦立ち止まり、ウィンドブレーカーを脱ぎました。再び走りだすと、直後に「竹内さん!」と声を掛けられました。声のほうを向いても、その人のヘッドライトが僕を照らしているので、相手の顔が見えません(笑)が、身長と声で太田さんだとわかりました。挨拶して、少し話して、再々スタート。友達の顔を見ると、なんとなく安心するものです。

 

路肩には上着を脱ぐ人たちが多くなってきました。そのうちの一人に見覚えのあるウィンドブレーカーが。トライアスロン仲間のちびドル、あゆキャプでした。出場することはFacebookで知っていたけど、出場人数も多いし、会う可能性は低いんだろうなと思っていたら、スタートして20分ほどで遭遇。早すぎて面白いし、なんだかご縁があるんだなと。

太田さんとは違いw一緒に走り出して、しばしの世間話。渋滞も発生しているので、ただただ話しながらハイキング。前を抜けるような広さになるまではスタートしてから1時間ほどだったかな。そこからはあゆキャプとも別れて、僕は一人で前に行きました。その後、あゆキャプと太田さんが合流して、しばらく一緒に走ったみたいです。

 

渋滞はこんな感じ↓

f:id:yoshikixx:20171211213505j:plain

 

最初のチェックポイントまでは8.4キロ。ここでは水だけ補給できますが、水はまだまだあるのでスルー。こがね橋のエイド1を目指します。目指しますが少し走っては渋滞するので、なかなか進みません。渋滞で止まっていると、後ろからポリポリと音が。振り返ってみると、僕の次のランナーが柿の種を食べていました。「ポリポリですね(笑)」と声をかけると「美味いですよ。どうぞ」と言って頂いたので、遠慮なく頂き、お礼にランの練習方法を少し伝えました。みんな距離に囚われちゃうんですよね。

 

24.9キロ地点のこがね橋A1に到着してみると日陰で寒い!これはとにかく食べないといかんということで、松崎町の特産品である葉桜餅をドカ食い。ばくばくと食べながら隣を見ると、今度は高瀬さんが登場。高瀬さんはついこの間、マレーシアでIRONMANを完走したばっかなのに。なんてタフなおじさんだ。

f:id:yoshikixx:20171211214900j:plain

 

トイレに並ぶ高瀬さんを置き去りにして、僕は先に進みました。

 

ここまででだいたい四分の一程度。特にトラブルもなく順調。寒いのだけが気がかりでしたが、それも走れば温まってきて平気でした。

 

IZU TRAIL JOURNEY完走報告

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

IZU TRAIL JOURNEY 71.7キロの山道を自らの脚で走破する旅。

 

12時間28分もかかってしまいましたが、なんとか完走しました。


f:id:yoshikixx:20171211084554j:image

 

朝6時に静岡県松崎町をスタート。美しい山、強烈な西風が吹きつける稜線、真っ暗な山道をヘッドライトを頼りに走り、修善寺まで辿り着きました。

 

今はいろんなところが痛くて(笑)、普通に動けないけど、不思議なほど充実した感覚と、最後まで走りきれた達成感。

 

トライアスロンでは忘れていた感覚と感情。

練習再開まで、しばらく時間がかかりそうだけど、次のことを考えてしまいます。

 

せっかくITJという、国内でも屈指のトレイルランニング大会を完走したので、何回かに分けて、いろんな視点からブログに書いてみようと思います。

 

まずは完走の報告まで。

いざ!伊豆の旅へ!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

12月10日(日)、本日はIZU TRAIL JOURNEYに出場します。
f:id:yoshikixx:20171209195725j:image

 

競技説明会では過去の映像が美しく、今すぐにでも走りたいと思いました。

 

71キロに及ぶ未知の旅。

未知の距離を前にして、いつも思うのは、旅の途中で何を感じ、身体はどんな反応を見せ、ゴールしたときに何を感じるのかということ。他の誰でもない、自分にしか解らない感覚を知りたいということ。

 

71キロの旅を楽しんできます。いざ!参る!伊豆の旅へ!