トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

北海道初日、さっそくバタバタ

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

北海道でトライアスロンに出場するためには、大会が用意したオフィシャルツアーに参加するか、自分で飛行機やホテルを手配するかしなければなりません。

当然のことながらオフィシャルツアーは簡単だけど割高なので、僕は後者を選択。飛行機はLCCだし、ホテルは古めだし、レンタカーはネットで最安値のところを探して、とにかく安く上げました。

 

で、かなり早めにレンタカーを予約していたのですが、直前になって探してみたら、さらに安いところが見つかったので、そちらに変更しました。

 

当日。

 

空港の手荷物預けに自転車を持ち込むと、検査する機械を通せないので、開けてくれと言われ、開けて見せると、次は小袋に分けた荷物だけは機械を通させてくれと言われました。戻すのが面倒だけど、それは仕方ないので全て取り出して機械に通しました。

30キロ未満に抑えたので、超過料金は1000円のみ。空港での手間はかかるけど、送るよりはかなり割安。

 

スカイマークに搭乗してしばらくすると、近くに座っていたスーツのおじさんが立ち上がり、CAさんがアナウンスしたり、松山千春が歌ったりするマイクを持って、挨拶し始めました。スカイマークの会長の佐山さんでした。

f:id:yoshikixx:20170822164507j:plain

確かに品が良くて、搭乗のときにCAさんと一緒にお出迎えしてくれていましたが、まさか会長さんだとは思っていませんでした。挨拶のあとはなぜか拍手(笑)

 

新千歳国際空港に到着して、レンタカー会社に電話。指示された場所に向かい、シャトルバスでレンタカー会社に。他にもたくさんのお客さんがいるので列に並んで順番を待ちます。10分弱で僕の順番になり、名前を伝えると「予約が入っていません」と。

 

いやいや、そんなはずはないです。楽天トラベル経由で予約したんですけど、と話しながら携帯で予約内容の確認をしてみると、レンタカー会社が違うっΣ(゚Д゚)!

すんませんー!と謝って、今度は空港に向かうシャトルバスに乗車。すでに若干疲れ気味(笑)

 

空港に戻り、さっきレンタカー会社に向かうバスに乗った場所まで、荷物を引きずりながら歩いていき、なんとなく悪い予感がして、予約してあるほうのレンタカー会社に電話すると、さっきバスを降りたあたりに来てくれと(´・ω・`)片道200m以上を何往復するのか…。

 

受付を完了して、レンタカー会社に行くと、今度は幸運なことに、ヴィッツだったはずの車がシエンタに変更になっていました。今回は自転車を持って行ったので、ケースに入れたままの自転車がヴィッツに載るかどうか心配だったのですが、ケースに入れたままの自転車が縦に載ってしまうシエンタに変更になったことで、心配は解消されました。

 

車を走らせてからは順調で、高速の有珠山サービスエリアでは素晴らしい景色が。

f:id:yoshikixx:20170822172212j:plain

ここからはすぐに洞爺湖です。

 

洞爺観光ホテルにチェックインして、ホテルの部屋でバイクの組み立てを開始。洞爺観光ホテルは和室なのに部屋に自転車を持ち込めるし、トランジションエリアやゴールに近いので色々と助かります。

 

組み立てが完了したら、着替えてバイクの試乗とランで刺激入れ。北海道は湿度が低くて快適なので運動が楽しいです。

 

そのまま選手登録して、一旦、ホテルに戻って少し休憩。競技説明会の時間になったので会場へ。

 

司会は先日、都議会議員選挙で当選した白戸太朗さん。

f:id:yoshikixx:20170823080139j:plain

今日の説明会だけ司会をやりますと言っていたのに、結局は次の日も最後までゴールで実況していました。

 白戸さんが代表を務めるアスロニアが開催している大会とはいえ、やっぱりトライアスロンが好きなんだなと感じました。

f:id:yoshikixx:20170823080208j:plain

 

1時間の予定が1時間半にも及んだ競技説明会を乗り越え、コンビニに寄ってからホテルに戻り、夕食で吐き気がして(笑)この吐き気って、やっぱり体調不良だったんですよねー。よく完走したものです。

 

明日のブログは何度も訪れている洞爺湖周辺で、ついに観光したことを書きます。支笏湖とか綺麗でした。

 

ではでは。

撃沈の北海道トライアスロン振り返り

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

撃沈した北海道トライアスロンの消化には、少し時間がかかりそうですが、早くもリザルトがアップされたので、嫌なこと(笑)は早めに終わらせようということで振り返ります。

 

とはいえ、ダメダメだったので、あまり振り返ることもなく…(´・ω・`)

 

実は大会二日前の夕食、前日の夕食と吐き気がありました。が、食べられないわけではなかったので、とりあえず食べたし、大会当日はそんなことは忘れていました。

 

が、それが全てだったのかなと思います。

 

当日は4時に起床して準備。5時半のトランジションエリアオープンちょうどに到着。今回はバイクチェックインも当日なので、バイク、ヘルメット、バイクシューズ、ランシューズ等をセット。バイク中のカロリーのほとんどは粉飴を溶いたドリンクで摂るので、とてもシンプルで簡単。

f:id:yoshikixx:20170822082640j:plain

f:id:yoshikixx:20170822082616j:plain

 

出場選手300名を下回る小さな大会なので、全体的にのんびりしていてリラックスした雰囲気が漂っています。スタート前のライフセーバーがレスキューサーフに犬を乗せていたりして。

f:id:yoshikixx:20170822082959j:plain

 

7時に洞爺湖町長の合図でスタート。水温は低めだけど、ウエットスーツを着ればちょうど良い。

今回のコースは一辺200mくらいのコンパクトな三角形を二周して、スイムゴールに向かうという変則的なレイアウトでしたが、このレイアウトのおかげで、目印になるブイが見やすくて泳ぎやすかったです。一周目にくらべて二周目は余裕が出てきて、フォームを修正することも意識してペースアップもできました。2071mを泳いで42分30秒、73位は今の僕としては上出来。

 

トランジションエリアではおそらく30人以上を抜きました。ウエット脱いでヘルメットかぶるだけなので、あっという間です。サングラスをかけなくて済むだけでも、シールド付きのヘルメットは簡単で良いです。

 

バイク乗車ラインを超えてバイクに飛び乗ろうとしたら、ここで最初のトラブル。後ろのボトルに太ももが引っかかって失敗(^^;)

一度、止まって乗ったら、今度はバイクシューズが地面に当たって失敗(^^;)

恥ずかしくて仕方ありませんでした。

 

バイクの序盤はアップも兼ねてゆるゆる。心拍数をLTまで落として他の選手は無視。それでも徐々に順位が上がっていきます。洞爺湖湖畔道路の平均速度は35キロくらいなので、なかなかのもの。

 

だいだい20位前後まで順位を上げたところで湖畔道路から外れ、最初の坂に差し掛かります。ここからは5%くらいの坂が5%ほど続きます。普通なら坂に入ると、前の選手が落ちてくるのですが、さすがにこの順位で走行している選手たちはあまりペースが落ちませんでした。

 

ここからは淡々と自分のペースを維持。調子は悪くないと感じていたのですが…。

 

異変を感じ始めたのは60キロ地点あたりから。いまいち心拍数が上がらず、パワーも出ない。なにかがおかしい。140キロもバイクがある大会なので、しばらく我慢していれば戻ってくるだろうと耐えていても、まったく戻らず。そうこうしているうちに、無理やり体を動かし続けたツケが回ってきたのか、盆休み前にハリを覚えていた右大腿に再びハリが。そして膝にも痛みが。

 

80キロくらいからはひたすら耐えるだけ。リタイアも考えながら、それでもリタイアするために北海道に来たわけじゃないと思い直したり。

 

4時間半以内で終えるつもりだったバイクに要した時間は5時間15分35秒。予備で持っていたジェルが無かったら戻って来られなかったかもしてないくらいの消耗ぶりでした(-_-;)

 

ヘロヘロになりながらランの準備をしていると、スポークが折れてリタイアしたチームメイトのミズキさんが。もうダメだけど、完走メダルだけはもらってきますと話してランコースへ。

 

ランでは気持ちも残っていないし、脚も膝も痛いし、歩いたり走ったりしながら、なんとか進みました。途中で足が攣って立ち止まっている人を見かけたので、持っていた魔法の薬を一粒渡しました。それを飲んだその人は後から追いついてきて「治りました。ありがとうございました!」と言って抜いていきました。

僕にとっては完走のみが目的の大会になってしまいましたが、その人にとっては、もっと意味のある大会かもしれないし、助けになれて良かったです。

 

今回のランで確認できたのは、膝の痛みが出ない状態であればバイクを5時間漕いだ後でも、キロ5分くらいなら無理なく走れるということ。これは今までの練習の賜物だと思います。

 

膝の痛みと相談しながら終えたランのタイムは2時間31分16秒。予定から40分以上オーバー。

 

合計タイムは8時間29分21秒。予定より2時間遅れ(´-ω-`)

総合優勝した選手が6時間15分くらいで、年齢別の表彰台が6時間52分くらいだったので、きちんとできていたら、目標にしていた表彰台に届いていました。

 

が、これもトライアスロンですね。

ミドルの大会でこんなに苦しんだのは5年ぶりくらい。というか、こんなにバイクがツラいと思ったのは初めて。

最近はタイムとか順位ばかり意識していましたが、改めてトライアスロンは完走するだけでも凄いんだなと感じました。

f:id:yoshikixx:20170820204220j:plain

 

今回の結果は体調不良、膝痛、筋トレ内容の変化等々、複合的な原因から出たものだと思いますが、それがわかっただけでも、今後の練習に変化を与えられそうです。

 

とはいえ少し休みます(笑)

 

明日のブログは大会の前後かな。

 

ではでは。

北海道トライアスロン とりあえず完走

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

えー

北海道トライアスロンですが

 

とりあえず完走しました。
f:id:yoshikixx:20170820204220j:image

 

とりあえず、です。

途中からは、完走メダルだけでももらおうと思って、なんとか完走です。

 

スイムアップからバイク50キロくらいまでは、総合20位くらいを楽々キープしていたのですが、そこからいろいろとありまして…。

 

いろいろについては、リザルトがアップされてからにしますが、今は膝の曲げ伸ばしがツラいです。

来たぜ!北海道トライアスロン!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今朝のブログは超短いです。

 

なぜなら、北海道トライアスロンに出場するために、北海道にいるからです!


f:id:yoshikixx:20170819214732j:image

 

朝7時のスタートまで3時間弱ということで、サクッとアップして行ってまいります!

 

スイム2キロ

バイク140キロ

ラン22キロ

という、一応ミドルディスタンスなので、6時間半くらいかなと予想しています。

 

最高気温は23℃。

暑かったなんて言い訳できない(笑)

 

とりあえず行ってきます!

 

樹の上のフィールドアスレチック

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今日も白馬ネタです。

 

白馬では湖で泳いだり、走ったりと練習もしますが、練習はほどほどにして、やっぱり遊びに行っています。面白そうなところがあれば見てみたり、行ってみたり。

 

今回、紹介するのは『白馬EXアドベンチャー』です。

昨年、今年と車中泊した場所の隣にあるので、昨年から知ってはいたのですが、まあ、フィールドアスレチックでしょ?と気にも留めていなかったのですが、どうやら女房が気になっていたらしく、今年はやってみたいと。

 

で、やってみました。

樹の上で展開されるフィールドアスレチックです。

まずはフルハーネスとヘルメットを装着。クライミング用のハーネスは何度も経験があるけど、フルハーネスは初めて。説明を聞いて、さっそくコースへ。

f:id:yoshikixx:20170818183745j:plain

f:id:yoshikixx:20170818183758j:plain

これは低いコースのスタートあたり。ここでも怖がって進めない人がいますが、残念ながら(?)僕は高いところが平気なので、余裕しゃくしゃくです。

f:id:yoshikixx:20170818184020j:plain

 

一方、やってみたい!と言った女房は全く笑顔無し(笑)とにかく必死です。

f:id:yoshikixx:20170818184127j:plain

 

後ろから来る子供のプレッシャーが凄い(笑)

f:id:yoshikixx:20170818184245j:plain

 

高いコースはスタートからこの高さ。足下で8mくらいあるらしいです。

f:id:yoshikixx:20170818184336j:plain

f:id:yoshikixx:20170818184457j:plain

f:id:yoshikixx:20170818184522j:plain

 

常にこういう表情です(笑)

f:id:yoshikixx:20170818184615j:plain

 

地上にはのんきにハンモックでゆらゆらしている人が。

f:id:yoshikixx:20170818184600j:plain

f:id:yoshikixx:20170818184756j:plain

 

f:id:yoshikixx:20170818184833j:plain

f:id:yoshikixx:20170818184855j:plain

f:id:yoshikixx:20170818184914j:plain

 

最期はバンジージャンプかワイヤーをびゅーんと滑車でおりるやつ。

二周した女房は次の日、上半身がひどい筋肉痛になったらしいです(笑)

 

ドッグランもあるし、スタッフは明るくて面白いし、遊び放題なので、子供たちは10時~17時とオープンラストする子たちもいるらしいです(^^;)

 

ビビるこどもたちの前で、お父さんたちはかっこつけなければならず、ちょっと大変かもしれないけど、童心に帰って遊べるのはなかなか楽しいものでした。

 

ではでは。

犬好きにオススメ!白馬のホテル

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

旅に出ると、思わぬ出会いがあったり、良い店を見つけたりしするのが楽しみの一つでもあるんですけど、今回はランチでたまたま立ち寄ったお店がとても良かったので紹介します。

 

犬好きにオススメ!グラスハウス

岩岳スキー場の近く、田んぼと蕎麦畑に囲まれた場所にポツンとある、小さなホテルです。

プチホテル グラスハウス | 犬、大型犬、ペットと泊まれる白馬の宿

 

僕たちは車中泊なので宿泊することはありませんが、ランチは毎日、違うお店で食べていました。

たまたま立ち寄ったここは、オーナーの犬好きが前面に押し出されていて、犬犬しています。

 

駐車場に車をとめ、小夏さんを降ろすと、さっそく看板犬のメイが挨拶に来てくれました。

f:id:yoshikixx:20170817214740j:plain

二歳になる女の子で、ホテルの中を自由に歩いていて、犬に慣れているので、優しく接してくれます。この日は他にトイプードルの親子もいました。

 

ランチの場所はこのテラス席です。

f:id:yoshikixx:20170817215132j:plain

開放的じゃなくて、開放されていて、とても心地よい感じ。

 

席からの風景は穂をつけた田んぼと蕎麦畑。完璧な白馬。

 

 

f:id:yoshikixx:20170817215317j:plain

 

小夏さんもリラックスです。六カ月にしてこの落ち着きっぷりに、今回、出会ったゴールデンのオーナーさん全てが驚いていました。

f:id:yoshikixx:20170817215634j:plain

確かに小雪さんと一緒のときはドッグカフェとか考えられなかったなぁ…。

 

最初に出てきたのはこれ

f:id:yoshikixx:20170817215954j:plain

たっぷり夏野菜と生ハムのピザ!上に乗っているのはチーズです。

なんていうの?インスタ映えするっていうの(笑)?

そして美味い!大正解だ!

 

次はオイルパスタ

f:id:yoshikixx:20170817220326j:plain

こちらも夏野菜たっぷり。最後は残ったスープをパンにしみ込ませて頂きました。

 

ピザもパスタも本当に美味しくて大満足。HPによると『御要望にお答えし、今年も季節限定ランチ&ディナーOPEN致します。(7月〜9月)9月〜完全予約制』とのことですが、それも納得です。こんな美味いものが出てくるなら、ぜひとも泊まりたい。

 

宿泊料金はなんと大人9800円(税込み)、大型犬1500円(二泊目からは無料!)

 

ペットOKのホテルって、めちゃくちゃ高いところが多くて、さらに大型犬はダメっていうところがほとんど。それもあって我が家は車中泊を選択したのですが、これなら泊まれるなと思います。しかもご飯が美味いなんて。あ、ドッグランもあります。

 

犬嫌いの人には最悪の環境であることは間違いありませんが、犬好きの人には最高。

犬好きの人だけ来てくれれば良いっていう振り切った感じ。犬を飼っている人はもちろんですが、犬は好きだけど飼うことはできないという人にも、ぜひとも行ってほしいホテルです。

今年もソースカツ丼@白馬

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

天気予報に翻弄されて、一旦は南下して諏訪湖まで戻ったのに、やっぱり白馬のほうが天気が良さそうということで、白馬にとんぼ返り。

 

せっかくなのでソースカツ丼の名店、大黒食堂に行ってきました。


f:id:yoshikixx:20170816215305j:image

 

昨年の白馬でも行ったんですけどね、そのときのブログはこれです↓


岩岳トレランアゲインからのソースかつ丼@白馬|トライアスリート屋根屋 ㈲屋根誠のブログ

 

f:id:yoshikixx:20170816215415j:image

ソースカツ丼と小ラーメンのセット(1,000円)はやっぱり美味かった!

 

ソースカツ丼というと大町市の昭和軒が有名で、大黒食堂の大将も昭和軒で修業したらしいですが、僕は大黒食堂のまろやかなソースのほうが好みです。お店の人の人当たりも良いしね。

 

昨年のブログでも書きましたが、ラーメンが美味いんです。シンプルでとてもすっきり。でも、スープは手抜きしていない。そしてソースカツ丼に合う。さらに小ラーメンなのに量が多い(笑)三分の二ラーメンくらい。

 

白馬に行ったら大黒食堂は外せません!

 

ではでは。