トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

知多半島の海沿い。屋根の上の砂がすごい!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

常滑というのは知多半島の西岸にあり、僕の家は海まで歩いて1分のところにあります。冬にはほぼ毎日、風速10mを超える、鈴鹿山脈から下りてきた強烈な北西風が吹きつけるので、実はとんでもなく寒い地域でもあります。気温が低いだけの寒さなら、動いているとすぐに体が温まりますが、強風による寒さはなかなか温かくならないので、けっこうキツいのですが、強烈な北西風が運んでくるのは寒さだけではありません。

 

海岸から大量の砂が飛んでくるんです。僕の家くらいになると、ほぼ、影響はないのですが、今回の現場は凄いことになっていました。

 

割れた瓦の交換に伺って、少しだけ瓦を持ち上げてみたら、重なっている部分から砂がサラサラと。砂が浮いている屋根の上は滑って危険なので、パパっと掃除して瓦をめくってみると。

f:id:yoshikixx:20180623081824j:plain

f:id:yoshikixx:20180623081854j:plain

 

大量の砂が入っていました。うちで仕事をし始めて20年以上になりますが、こんなに入っているのは初めて見ました。もっと海に近いところでも、こんなに入っていたことはありません。風の通り道になっていたり、海岸の形状だったり、いろんなことが重なっての現象だと思いますが、ちょっと驚きました。

 

このお宅では窓についたシャッターにヒドい錆びが出ていました。ペンキ屋さんも「こんなに錆びてるのは初めて見た」と言っていましが、築15年であんなに錆びるなんて衝撃です。

 

屋根の上の砂とは一見、関係ないようですが、海沿いの砂は塩分も一緒に運んできます。もちろん、空気中にも塩分を含んだ水蒸気が漂っています。

 

海が見える家というのは、なかなかに雰囲気の良いものですが、家を建てるときには、金属製の建材の選び方には注意が必要です。

トライアスロンを始めて最も変化したことは。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

トライアスロンを始めて早や8年目になります。始めた当初は変人扱いされ周りにはトライアスロンをやっている人がいなかったので、変な孤独感にさいなまれwたりしていました。もちろん今でも「トライアスロンやってます」と話すと、とんでもないバケモノを見るかのような目で見られますが、そういう扱いにもすっかり慣れてきました。そして、孤独感に関しては劇的な変化がありました。

 

友達が劇的に増えた!

当初は一人で始めたトライアスロン。女房も同時期に始めましたが、練習は基本的には一人でなんとなくやっていて、なんとなく完走を目指す程度のレベルでしたが、それでもスイム3.8キロ、バイク180キロ、ラン42キロのIRONMAN JAPAN北海道も完走することができたことにより、より強くなりたいと思ったときに出会った、ある人に紹介してもらって、岡崎に拠点を置く『トライアスロンスクール SQUAD TAKUYA | 愛知県岡崎市拠点』(たくすく)に入れてもらったところから変化が生れました。

 

元来、人見知りする僕は、大会の会場で誰かに声をかけるなんてことすらできないようなチキンなので、チームに入るなんてとんでもなく嫌なことでした。が、強くなりたいという思いの強さに負けて、仕方なく入れてもらったチームの人たちはみんなが優しくて、僕のことを受け入れてもらえて、トライアスロンを通じてできた初めての友達でした。

 

大人になってから純粋な友達を作るというのは、簡単なことではありませんよね。青年会議所(JC)の仲間は友達というよりは仲間、同志という表現がぴったりだし、仕事関係の人は、どんなに仲が良くても仕事がちらつくし。

 

ところがトライアスロンという、まあキ〇ガイじみた遊びを通じて出会った仲間というのは、純粋に同じ趣味を愛する友達っていう感じがします。

 

最初にたくすくの友達ができて、たくすくの友達が繋げてくれた縁で名古屋のトライファンズの人たちや、関東の超強豪チーム、トライオンの人たちが繋がりました。

そうこうしているうちに、地元では常滑と半田の商工会議所青年部の人たちがトライアスロンを始めていて、いつの間にか知り合って、いつの間にか仲良くなっていました。

 

果たして何人くらいの友達ができたんだろう。

おそらく100人くらいになるんじゃなかろうか。

 

まさか大人になってから、こんなにも多くの友達を得るとこができるなんて、考えたこともありませんでした。

 

損得勘定抜きで付き合える友達を得られたこと。もしかすると、それがトライアスロンを始めて得られた、一番大きなことで、幸せなことかもしれません。

 

f:id:yoshikixx:20180622144850j:plain

災害が発生すると悪徳業者も湧いてきます。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

またしても大阪で大きな地震がありました。まずは被災された方々のご冥福とお見舞いを申し上げます。

 

悪徳業者に注意してください

大きな地震が起きると、必ず悪徳業者が被災地に乗り込んできます。困っている人の足下を見る、まさしく火事場泥棒です。屋根が傷んでいるところを次から次へと訪問して、無茶苦茶なことをやって、とんでもない金額を請求してきます。過去の例だと、ブルーシートの切れっぱしをふわっと置いて10万円なんていうのもあります。普通の大きさの家であれば、最大にかかっても五万円までだと思ってください。

 

災害が起きたとき、屋根屋は忙殺されます

地震に限らず、台風等の災害が起きて、屋根に多くの被害が及んだ時、屋根屋はとにかく忙しくなります。もう劇的に忙しいです。朝から電話が鳴りっぱなしになり、FAXはひたすら紙を排出してきます。うちみたいな小さな会社ですら、一度の台風で130件ほどの連絡を一日で受付け、さらに数日間は増え続けるという経験をしたことがあります。そうなると、最初の数日間は、受付順よりもエリアごとに手分けして、一人で1日、10件以上の下見と応急処置に回ります。その後に復旧作業に移りますが、とにかく忙しい日々が数か月、続くこともあります。ってことは、忙しすぎて連絡をもらってもいない現場にしゃしゃり出ていく余裕なんて、まったく無いんです。

 

姫路の瓦屋、表瓦の表さんのブログでも、そういったことが書かれています。

omotekawara.hatenablog.com

 

つまり、災害で大変なときに自ら乗り込んできて、営業してくるような業者は、たいがいが悪徳業者だということです。

 

はっきり言うと、雨漏りでは死にません。地元の大工さんや工務店、屋根屋に連絡して、対応してもらえるまで、慌てずに待ってください。

 

f:id:yoshikixx:20180621084608j:plain

IRONMAN70.3セントレアの応援に行ってきました。一度は見てみると良いですよ。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

6月17日㈰は僕がトライアスロンを始めるきっかけになった、地元の大会『IRONMAN70.3セントレア知多半島JAPAN(以下、セントレア)』でした。

アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン

 

 セントレアといえば、毎年、僕が所属するチーム、SQUAD TAKUYAが応援団を出動させて、誰彼構わずに応援しまくります。

 

応援組も朝6時半にはスイム会場に入り、チームメイトのサポートをしたり、冷やかしたりします。

f:id:yoshikixx:20180619095812j:plain

試泳からスタートまで、最長で2時間半も間があるので、遅いスタートの人たちはけっこうヒマ。チームメイトがいてくれるだけでリラックスできます。

 

僕は地元の大会ということで、挨拶回りに時間がかかります。

f:id:yoshikixx:20180619100109p:plain

常滑青年会議所の後輩で、今やセントレアのスポンサー企業の一つ『エネチタ』社長の後藤君。彼をトライアスロンに引きずり込んだのも僕だらから、セントレア関係の人は僕に感謝してくださいw 他にも市長やらなんやら、たくさんの人と挨拶して、そのたびに「出場するんでしょ?」と聞かれますが、うーん。来年は10回記念大会だし、出場しようかな。

 

さすがにスイムは応援のしようがないので、ある程度の人がスタートしたら、産業道路沿いに移動してバイクの応援。

f:id:yoshikixx:20180619101539j:plain

プロの美しいライディングに感心したり、仲間にヤジを飛ばしたり。一瞬で通過してしまいますが、調子の良し悪しは雰囲気でわかります。チームメイト全員がバイクに入ったことを確認したら、ランの応援に移動します。なんせスタート時間が最初と最後で2時間半も違うので、全員のバイク終わりを見ているわけにはいかないんです。それでも、仲間からは「どこに行ってもいるから不思議」と言われます。

 

ランの応援場所は残り5~6キロの苦しいところ。総距離113キロの最後の5キロは本当にキツい。もうすっかり出し切って、絞り出して、ヘロヘロのフラフラになってくる辺り。キツくない人なんて、誰一人としていないところでの応援です。

 

応援はここからが本番。カーブを曲がってくる人が見えたら、いきなり全開で応援開始。選手たちはカーブの出口から、僕たちを通りすぎ、見えなくなるまでの150mくらいは手を抜くことができなくなります。

f:id:yoshikixx:20180619103117p:plain

↑苦しくて下を向いていますが、軽く手を挙げてくれました。限界なのはわかるので、それで充分。

 

高校の同級生、フルカワ。もう見事にヨレヨレ(笑) おじいちゃんみたいなラン。

f:id:yoshikixx:20180619103241p:plain

 

ガイジンさんもたくさん。

f:id:yoshikixx:20180619103355p:plain

 

中にはこんなめんどくさい中国人も(笑) 応援に使っていたメガホンを奪い取られました。

f:id:yoshikixx:20180619103523p:plain

 

今回は年齢別で優勝する!と意気込んでいたチームメイトのタエさん。脚がひどく痙攣して、思うような走りになりませんでしたが、それでも年齢別で2位。孫もいるかっこいいおばあちゃん。僕は少しだけ並走して動画を撮影。

f:id:yoshikixx:20180619103628j:plain

 

何人もの仲間を見送り、制限時間が迫ってくるころ、昨年の大会ではランで関門に引っかかり、完走できなかったイソベさんをアスリートトラッカーというシステムで追跡し、ついに捕捉。

f:id:yoshikixx:20180619104139p:plain

なんと最終走者。脚が攣って、ろくに走れないと弱音を吐くので「ここで諦めたら、一生後悔するぞ!諦めなかったらゴールできる!」と檄を飛ばして見送りました。

イソベさんに残された時間は6キロで50分程度。普通の状態であれば楽々、ゴールできる時間ですが、今のイソベさんにとっては、果てしなく遠く、儚いほどに短い時間。それでも諦めなければ必ずゴールできると、僕は確信していました。

 

イソベさんを見送った僕たちはゴールエリアに移動。確信はしていたものの、何が起こるかは分からず、気が気じゃない時間が流れます。イソベさんを先行する数名の選手がゴールを迎えるのを祝福しながら待つこと10分。

 

ついにイソベさんがゴールエリアに姿を現しました。花道の入り口で待っていたチームメイトとハイタッチしながら通り過ぎ、ついに歓喜のゴールへ!

f:id:yoshikixx:20180620090027p:plain

f:id:yoshikixx:20180620090009p:plain

制限時間を4分ほど残し、しかも最後には一人、選手を抜いてケツ2でゴール!

そこは抜いちゃダメだろwww せっかくなんだから、アノ人みたいに調整して、最終走者で残り数秒の劇的ゴールを決めないとwww

まあ、最後には張り切りすぎてしまいましたが、今回は友達が最後まで楽しませてくれました。

 

一見すると速い人のほうが凄く見えるけど、速い人なんて4時間くらいしか動かないのに、遅い人は8時間も動き続けるわけです。しかも今年は午前中は曇り空で比較的涼しかったのに対して、14時過ぎからは太陽が顔を出し、暑さとの戦いも加わりました。速い人は速い人なりに、遅い人は遅い人なりに、それぞれのベストを尽くす。僕たちはそれぞれのベストを応援する。

 

今年も楽しませてもらいました。

姫路城の瓦は家紋がいっぱい。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

なんせ姫路城に行ったので、瓦も見てきました。姫路城の瓦には漆喰が塗ってあります。壁の漆喰と相まって、お城の白さが際立ちます。

f:id:yoshikixx:20180618161017j:plain

これを全部、塗ることを想像しただけでも、気が遠くなってきますw

 

軒先の瓦には全て家紋が入っています。五三の桐、五七の桐、七三の桐、揚羽は全て1600年に城主になった池田輝政の家紋です。

↓これは五三の桐。

f:id:yoshikixx:20180618161446j:plain

 

門の屋根に立っているのは五三の桐。巴蓋という瓦です。

f:id:yoshikixx:20180618161610j:plain

 

反射しちゃって見にくいけど、この門の軒瓦には五七の桐と揚羽が一つおきに入っています。

f:id:yoshikixx:20180618161700p:plain

 

鬼瓦は比較的、薄く造られています。

f:id:yoshikixx:20180618161847j:plain

 

揚羽の紋。なんかオシャレ。

f:id:yoshikixx:20180618161937j:plain

 

これは七三の桐。

0.35mmf:id:yoshikixx:20180618162015j:plain

 

この揚羽は飾りとして棟に入れてあったようです。

f:id:yoshikixx:20180618162137j:plain

 

外に出てくると、大天守の鯱が展示されていました。

↓これは明治。

f:id:yoshikixx:20180618162244j:plain

 

↓これは昭和。明治から昭和の変化がけっこう大きいですね。鱗とかヒレとかが、シンプルになっています。

f:id:yoshikixx:20180618162402j:plain

 

↓そして平成。昭和からの変化はほとんどありません。『復元』を意識した結果でしょうね。

f:id:yoshikixx:20180618162510j:plain

明治から昭和への変化も、決して悪いわけではありません。そのときの最高の鬼師が、前の意匠を受け継ぎながらも、自分らしさを出すというのは、実は大切なことだと思います。法律で『復元』の定義を縛りすぎだと思うんですよね。

 

ちなみに以前、書いたブログで紹介した姫路城マラソンの完走メダルは、復元された鯱をモデルに、実際に鯱を復元した鬼師さんが作っています。

f:id:yoshikixx:20170224213647p:plain

yoshikixxtri.hatenablog.com

 

こういう歴史的建造物は瓦を見てみると、面白さ倍増なので、今後はぜひとも、瓦にも注目してもらいたいものです。

そして国宝・姫路城へ

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

藤井組さんの研修旅行は姫路市内の温泉で一泊し、二日目は国宝・姫路城へ。僕は15年ぶりくらいかな?平成の大改修が始まる前だったのは間違いありません。

f:id:yoshikixx:20180618085304j:plain

晴れわたる空に、白い姫路城は確かに映えますが、もっと近くに行くんだから、こんなところで写真を撮らなくてもw

 

最初の門をくぐってすぐのところ。写真スポットです。

f:id:yoshikixx:20180618085933j:plain

 

おお…。美しい(*´ω`*) 白鷺城の名に恥じない美しさです。

f:id:yoshikixx:20180618090110j:plain

 

城郭の中はぐにゃぐにゃと入り組んでいます。ひたすら歩きます。

f:id:yoshikixx:20180618090311j:plain

 

時折、忍びの者がいます。

f:id:yoshikixx:20180618090537p:plain

 

身をかがめないと通れないところを通り抜けると

f:id:yoshikixx:20180618091013p:plain

 

天守の威容に圧倒されます。

f:id:yoshikixx:20180618091055p:plain

 

天守の一階は広々としています。一階から二階にかけての階段は、少し急かなっていうくらいですが…。

f:id:yoshikixx:20180618091224j:plain

 

途中からはこんなに急に。幅も狭いので、注意が必要です。

f:id:yoshikixx:20180618091855j:plain

f:id:yoshikixx:20180618092140p:plain

 

最上階は人が溢れています。

f:id:yoshikixx:20180618091953j:plain

三分の二くらいは外国人かな?

藤井組の大工さんがスケールで寸法をとりながら、いろいろと話していると、周りにいる人も興味津々に見ています。そういうのって、職人自身が思っているよりも、普通の人が聞いても面白いんですよね。

 

とりあえず鯱を一枚。周りで写真をとっている人は気づいていないと思いますが、この鯱は、大天守の一番上の鯱じゃないんですよねー。

f:id:yoshikixx:20180618092840j:plain

とにかく人が多くて、のんびり写真を撮っている時間は無し。

集合時間も迫ってきているので、ささっと降りましたが、下りの階段も急なので、ゆっくりと足下を確認しながら降りました。

途中には大天守の模型がありました。ほ、ほしい…。

f:id:yoshikixx:20180618093417j:plain

 

姫路の城下町はこんなに整備されていたんですね。かっこいい。

f:id:yoshikixx:20180618093558j:plain

 

外には番町皿屋敷のお菊さんの井戸がありました。けっこう大きい井戸です。

f:id:yoshikixx:20180618093738j:plain

f:id:yoshikixx:20180618093758j:plain

深くて何も写りません。

あれ?写ってないよね?

 

下まで降りてきてみんなと話していると、けっこうなダメージをもらった人ばかり(笑)

下りの階段て、筋力を必要としますからねー。僕以外はみんな「きつかったー」と。やってて良かったトライアスロンです。

 

姫路城って当然のことながら有名なんですけど、意外と行ったことのない人が多い印象。素晴らしいお城なので、ぜひとも一度は訪れてもらいたいです。

神戸・竹中大工道具館に驚愕。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

屋根誠のお客さん㈱藤井組さんの研修旅行に、幹事として参加させてもらいました。

f:id:yoshikixx:20180616201216j:plain

僕の隣には㈱藤井組の社長で、僕を青年会議所(JC)に引きずり込んだ張本人でもある藤井さん。通路の向こうには知多トーヨー住器の服部君。服部君は一緒に幹事としてお世話になりました。㈱藤井組さんの旅行は9年ぶりに開催され、以前は両親が参加していたので、僕は初参加。初参加にして幹事。神戸・姫路への旅行の内容は旅行代理店にお任せでしたが、一つだけ、僕が変更してもらった行先がありました。

 

それが『竹中大工道具館』です。

www.dougukan.jp

竹中ということなので、もちろん竹中工務店が運営しています。大工道具のみならず、大工の技術の粋を結集させた建物や構造体が展示されています。

f:id:yoshikixx:20180616202016j:plain

f:id:yoshikixx:20180616202405p:plain

玄関の天井からこんなふう。圧巻。

f:id:yoshikixx:20180616202421p:plain

 

大工さんたちってやっぱり仕事が好きなんですね。みんな真剣に見ています。

f:id:yoshikixx:20180616202037j:plain

こんな真面目な顔、見たことないぞ(笑)

f:id:yoshikixx:20180616202148j:plain

f:id:yoshikixx:20180616202209j:plain

f:id:yoshikixx:20180616202249j:plain

 

これ、全て木で作られています。

f:id:yoshikixx:20180616202316j:plain

 

藤井会長も真剣。

f:id:yoshikixx:20180616202543p:plain

 

ホゾの切り方もすごいの。

f:id:yoshikixx:20180616202620p:plain

 

最近ではすっかり使われなくなった土壁。

f:id:yoshikixx:20180616202729p:plain

 

杮葺き(こけらぶき)の構造がわかるようになっています。

f:id:yoshikixx:20180616202814p:plain

 

トライアスロン仲間でもある久住左官の久住さんが塗ったと思われる壁。普段、建築を見ることのない事務員の女性も、光の当たり方によって変化する見え方に感心していました。

f:id:yoshikixx:20180616203058j:plain

 

竹中大工道具館は2014年に作られた、比較的新しい資料館(?)。新神戸駅から徒歩で5分もかからないところにあって、大人1人500円で中学生以下は無料。

本職の大工さんたちが「ここは面白いなぁ。時間が足りないわ」と言っていたので間違いありません。

 

僕も近いうちにもう一度、訪れたいと思います。みんなに喜んでもらえたので。変更を希望して大正解でした。