トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

IZU TRAIL Journeyなんとか完走しました。

トライアスリート屋根屋兼遅咲きなんちゃってトレイルランナー、常滑は屋根誠の竹内です。

 

二度目のIZU TRAIL Journey、なんとか完走しました。
f:id:yoshikixx:20181210113001j:image

昨年が12時間28分くらいで、今年は12時間18分くらいと、約10分の短縮。成績的に見れば10分の短縮になりますが、身体的なダメージは昨年とは比較にならないほど大きいです。両膝、腰他、痛いところだらけ。

昨年の極寒レースとは打って変わって風もなく、とても走りやすい気候でしたが、もうグダグダ。やっぱり練習不足は嘘をつかないってことですねー。

 

詳細は今後のブログで報告しますね。

小学校、中学校、高校の通知票が出てきた!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

f:id:yoshikixx:20181206181712j:plain

通知票が!

僕が子どもの頃、小学校~高校の通知票が出てきました。

さすがに中身の公開は憚られますが、なんか、もう少しデキる子だったイメージがあるんですけどね(笑) だいたいの教科が3か4。小学生のころは社会が5で音楽や図画工作は2もありますw まあ平均的な子だったんですね。高校の通知票では数学と英語に赤点があります(爆)そこは、よーく覚えています。

 

f:id:yoshikixx:20181206190645j:plain

5年生の通信欄

5年生の通信欄には『宿題をもう少しやりましょう』と。いや、やってたと思うんですけどね…。本人のイメージとは違うものですね(笑)

 

f:id:yoshikixx:20181206190844j:plain

6年生の通信欄

6年生の通信欄では『社会科でよい意見を出しました』と絶賛されています。間違いなく絶賛です。いったい何を言ったんですかね。覚えているはずありませんが、なんか意見を言うという辺りは今に通じるところを感じます。計算力は大人になってからも無いので、6年生に求めるのは酷ってもんですぜ。安達先生よぅ。

 

なんか母親が掃除していたら出てきたらしいんですけど、可もなく不可もなく、特に面白いこともない通知票でしたが、40年近く前のことを思いだしました。

みなさんも通知票を探してみると、自分のイメージと違う子どもの頃に出会えるかもしれませんね。

二十数年ぶりにカラーベストを葺き替えで施工。なぜなら建物の耐震性が。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

f:id:yoshikixx:20181206175213j:plain

シングルカッター

写真は薄型化粧スレート(カラーベスト)を切るための道具で、シングルカッターといいます。

そうです。日頃、瓦葺き師だと言い張っている僕ですが、二十数年ぶりに薄型化粧スレート(カラーベスト)を葺き替え(古い屋根材を撤去して、新しい屋根材を葺くこと)として施工しました。うちにはシングルカッターが無いので、仲の良い同業者から借りて。

 

いつも、カラーベストは良くないよー、瓦が良いよーと書いていますが、なぜカラーベストを施工したかというと、『新築でカラーベストが施工されていた建物は、構造上、瓦を葺くことができないことがある』からです。瓦よりも軽い屋根材であるカラーベストが施工されている建物は、柱等の構造の耐震性が低くいことがあるんです。屋根を軽くしてあることにより、建物自体を弱くしても、総合的な耐震性が稼げるんですね。

全てとは言いませんが、屋根が軽くすることにより耐震性を確保しているので、カラーベストの代りに瓦を乗せると、耐震性を確保できない建物があるってことです。

 

つまり『屋根が軽い=耐震性が高いということではない』んです。なので、本来なら、今回もカラーベストではなく瓦をオススメしたかったのですが、果たして建物自体が瓦の重みに耐えられるかどうかわからなかったので、カラーベストということになりました。

 

建物の耐震性は屋根の軽さではなく、建物の構造の強さで決まるってことですね。言い換えると瓦に耐えられる建物=丈夫、瓦に耐えられない建物=丈夫じゃないかも、ってことなんです。

直前ということで、昨年のブログ『IZU TRAIL Journey 傾向と対策』がめっちゃ読まれています。

トライアスリート屋根屋兼遅咲きなんちゃってトレイルランナー、常滑は屋根誠の竹内です。

 

最近、忙しすぎてトレランのことを書く時に枕詞として使っている、『遅咲きなんちゃってトレイルランナー』という言葉を忘れていました。もう、意識朦朧としながら書いてますからね…。

 

ここんところのブログへのアクセス数を調べてみたら、予想通りで、この記事がぶっちぎりでした。

yoshikixxtri.hatenablog.com

改めて読み返してみると、確かにいいこと書いてるw

ほんと、初めてのIZU TRAIL Journeyを完走するための情報としては、非常に有効だと思います。自画自賛になりますが、ここまで詳しく書いてあるブログは他に無いんじゃないかな。昨年、初出場するときに、こんなブログがあったら絶対に参考にしたわ。僕も改めて読み返してみて、油断しないように、心を改めました。

 

f:id:yoshikixx:20171213184854j:plain

上の写真は昨年の服装。これにレギンスをプラスしました。さらにウインドブレーカーと薄手のダウンを着用した時間も有り。ちなみにダウンは濡れると保温力を失うので、濡れないようにするために、ウインドブレーカーやレインジャケットを着た上から、ダウンを着ると良いです。

 

ITJはとにかく寒いので、着るものを持つことと、たくさん食べること。この2点が完走への第一歩となります。

出場される人たちは、みんなで良い旅にしましょう!

もし、見かけたら声を掛けてくださいねー!

今年も『旅のしおり』を作ったよ!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

もう、めっちゃ忙しくて、週末に迫ったIZU TRAIL Journeyの準備ができていないのですが、とりあえず『旅のしおり』を作りました。

f:id:yoshikixx:20181204215426j:plain

左が2017年で、右が2018年

昨年の旅のしおりを作ろうとして見つけた、プリンターの㊙機能を使って、今年も作りました。

yoshikixxtri.hatenablog.com

A4二つ折りで作るとハズキルーペが必要なくらい、文字が細かいので、A3で作ろうとしたんですけど、なんか上手くいかないし、なんか疲れちゃっているので、今年もA4にしました。ハズキルーペ買おうかしら。いや、老眼ではないです。

 

ついでに駐車証も印刷。

f:id:yoshikixx:20181204220137j:plain

駐車証

今年は地図も印刷して持っていかないといけないのですが、昨年とコースが同じなので、昨年の地図でOKということがFacebookで発覚。昨年の地図を持参することにしました。

f:id:yoshikixx:20181204220739j:plain

昨年の地図

実際、地図を見ることはほとんどありませんが、高低差がわかる図はよく見るので、見やすく加工した高低図を用意しようと思っていたら、なんとレースナンバーに高低図が印刷されるとのこと。素晴らしい配慮にムネアツです。

 

FacebookITJページではいろんな情報が上がっていますが、Facebookをやっていない人は、こまめにHPを確認してみてくださいね。昨年と違うところが少しずつありますよ。

僕のブログが役立って、トレランを楽しめたってさ!めっちゃ嬉しい!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

俺のブログ、人の役に立ちました。嬉しいです。

10月に出場した石川県の峨山道トレイルランのコース上で見かけた、かわいい女の子。

第5エイド徳田の手前、1~2kmのところ。短くも急な登り坂の手前で女の子を発見。明らかに疲労困憊。ヤバそうな感じだったので「かなりヤバそうですね」と声を掛けました。人は「大丈夫ですか?」と聞くと「大丈夫です」と答える生き物なので、あえて「ヤバそうですね」と声を掛けたのですが、返ってきた答えが「ヤバいです」だったので、質問の仕方は正解だったみたい。 見た目からハンガーノック(エネルギー切れ)の疲労であることは明白だったので「ちゃんと食ってますか?」と聞くと「あんまり食べられないんです…」と。「無理にでも食べたほうが良いですよ」と言ってみたものの、僕はジェルしか持っていないし、他の人から食べ物をもらったら、失格になるかもしれないので、そのまま先に進むことにしました。 気になって坂の上から振り返ると、彼女は竹を拾い上げ、杖にするには短すぎたのか、怒りとともに投げ捨てていました。あの姿は笑えた…。

峨山道トレイルラン、第4エイド土川~第6エイド矢駄 - トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

 

峨山道トレイルランで、どうやらトレイルランナーの間では補給に関する意識が、トライアスリートほどではないみたいだと感じて、参考程度にブログに書いてみたんです。

yoshikixxtri.hatenablog.com

 

そしたら、このブログを峨山道トレイルランでブチ切れていたかわいい女の子、当の本人が読んでくれて、熊野古道トレイル(50km)で試してくれたみたいなんです。で、Facebookでオススメした塩カプセルで塩分を摂ったら、補給が大成功して、レースを楽しめたとFacebookに投稿していたんです。良かった!本当に良かった!

f:id:yoshikixx:20181203182654j:plain

魔法の塩、ソルトスティック。彼女が使ったのはこれではないと思います。

やっぱりさ、人の役に立つっていうのは嬉しいですよね。ヘタすると自分が何かを成し遂げたことよりも、人が何かを成し遂げることの役に立てたときのほうが嬉しかったりします。

毎日毎日、ブログを書いていますが、ネタを探すのってやっぱり大変で、どうでもいいことを書いちゃうこともあります。でも、基本的にはどこかで誰かの役に立つ情報を書きたいなと思っているんです。

なので、今回みたいに役に立ったというのが、ダイレクトにわかると本当に嬉しくて、書いていて良かったなと感じます。

 

これからも、どこかで誰かの役に立つ情報を、たまには書けるように心がけますね。