読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスリート屋根屋、yoshikixxのブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

続・悪徳業者にご注意を!

屋根、瓦 その他

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

続・悪徳業者にご注意を!です。前回は↓

yoshikixxtri.hatenablog.com

 

と、言うのも、ご近所さんがやられたからです。引っかけられてしまいました。

本当にご近所で、車で2分の距離でやられました。つい、この間、書いただけにショックで、なぜか僕が落ち込んでいます。

 

狙われたのは太陽光温水器でした。

f:id:yoshikixx:20170329234145j:plain

↑まさしく、こちらがやられました。温水器が載っているお宅は、狙われることが多いようです。

 

今回は『温水器を長持ちさせる工事だけなら10,800円でできます』という言葉をきっかけに、屋根に上り、

『瓦をシリコンで接着しないと雨が漏る』

『雨漏りしてからだと、数十倍も費用が掛かるから、雨漏りする前に工事を』

『この辺りでまとめて工事するから、今なら安くできる』

といった言葉で騙したようです。

 

けっきょく、やった仕事はこれ↓

f:id:yoshikixx:20170329235202j:plain

f:id:yoshikixx:20170329235219j:plain

 

朝9時くらいに来て、だらだらと作業して、やることがなくなれば屋根から降りて、車の中で時間を潰し、15時には帰ったそうです。実質的に作業した時間は、二人で2~3時間といったところでしょうか…。

 

あまりやりたくない仕事ですが、うちなら10万円もかからないところを、なんと54万円です。ふたりが3時間作業して54万円て(笑)

 

半田市の消費者センターへは、名古屋の名駅にあるこの会社への苦情が届いているとのことです。契約書等の写真も撮らせてもらったので、近いうちに契約書も公開します。

 

僕からは適正価格の見積を提出して、契約内容のおかしな部分を指摘しておきましたが、あとは消費者センターにお任せするのみです。

 

契約して、工事させてしまったお客さんが、とても落ち込んでいたのが、かわいそうというか悔しいというか…。

 

残念ながら世の中から悪徳業者はなくなりません

 

ですから、屋根に限らず、訪問販売の業者には気をつけてもらって、訪問販売の業者になにか言われたときは、必ず地元の業者に意見を聞いてください。

 

絶対に屋根に上らせないこと。

絶対にすぐに作業させたりしないこと。

 

これだけは守ってください!

 

ではでは。

知多新四国一番札所

屋根、瓦

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

少しずつ練習の強度が上がっています。明日は久しぶりに心拍数が上がりそうで楽しみです(*´ω`*)

 

知多新四国八十八ヵ所霊場めぐり

知多半島には知多新四国八十八ヵ所霊場というのがあります。

www.chita88.jp

 

知多新四国とは、という話を書きだすと、めっちゃ長くなるので端折ります(笑)

↑に貼ってあるHPを参照してくださいね(`・ω・´)

簡単に言うと、二百余年前に開かれて、四国八十八ヵ所と同じように、お寺さんを巡ると、四国霊場を巡ったのと同じご利益がありますよっていう場所です。八十八ヵ所となっていますが、番外も含めると98寺あります。とはいえ、四国よりも狭い範囲で巡ることができるので、お得感があるかも(笑)

 

で、今日は一番札所の近くに行ったので、そのお寺さんを紹介します。

一番札所、清涼山曹源寺

豊明曹源寺公式ホームページ

一番札所の清涼山曹源寺は豊明市にあります。豊明は知多半島ではないと思いますが、細かいことを気にしてはいけません。

 

↓山門です。

f:id:yoshikixx:20170328161307j:plain

立派な山門です。すべての鬼瓦は鬼面です。

f:id:yoshikixx:20170328161423j:plain

棟には輪違いが二段入っています。

f:id:yoshikixx:20170328161509j:plain

 

本堂です↓それほど大きな本堂ではありませんが、ここもやっぱりすべての鬼瓦が鬼面です。本堂に鬼面が用いられているのは、意外と珍しいです。

f:id:yoshikixx:20170328161547j:plain

f:id:yoshikixx:20170328161810j:plain

 

↓唐破風の上の鬼瓦は鬼の全身が。でらかっこええ(*´ω`*)

f:id:yoshikixx:20170328161932j:plain

 

開山堂(座禅堂?)にはウサギさんがいます。

f:id:yoshikixx:20170328162028j:plain

 

庫裡の鬼瓦には大黒様と

f:id:yoshikixx:20170328162504j:plain

 

打ち出の小槌が

f:id:yoshikixx:20170328162611j:plain

庫裡の大黒様や打ち出の小槌はお寺さんで見ることは滅多にありません。

大黒様がお寺さんにあるっていうこと自体が、興味深いというか。神社と日本、日本と寺の関係を表していますね。

 

せっかくなので、これからはたまに知多新四国のお寺さんというか、お寺さんの屋根や瓦を紹介しようと思います。

 

車だとそんなに時間もかけずに巡ることができるし、途中のお寺だけでもOKなので、美味いものを食べがてら、巡ってみてくださいね。

 

ではでは。

平和なら20回連続完走

トライアスロン

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

キチレンの報告です。

本来ならキチ内をバイクで周回する予定だったのですが、昨日のブログでも書いた通り、雨だったので筋トレとスイムメインになりました。

 

キチ内で筋トレといえばここ↓レンジャー・フィットネス・センターです。

f:id:yoshikixx:20170327185924j:plain

f:id:yoshikixx:20170327190911j:plain

 

マシーンはさすがに充実しています。二十種類くらいあるのか?

こんだけあると、一つのマシーンの時間を短時間にして、次々と変えていっても、かなりトレーニングできます。

f:id:yoshikixx:20170327190010j:plain

f:id:yoshikixx:20170327190451j:plain

f:id:yoshikixx:20170327190521j:plain

f:id:yoshikixx:20170327190539j:plain

 

筋トレの後に泳いで、その後はマクドナルドで遅めのお昼ごはん。

なにやらこんなのが↓ 10ドル20セント。1ポンド(約450グラム)とか…

f:id:yoshikixx:20170327190948j:plain

 

出てきたのがこれ↓

f:id:yoshikixx:20170327191232j:plain

でかいわ(笑)

450グラムの肉が入ったハンバーガーはでかすぎる(ΦωΦ)

ついでにコーラとかジンジャーエールとか、数種類の飲み物は飲み放題込み。そりゃ太りますよ。

 

マックの次はボーリング。

f:id:yoshikixx:20170327191512j:plain

ボーリングなんて何年ぶりか…。隣のレーンではデカい人たちがゴンゴン投げています。

f:id:yoshikixx:20170327191748j:plain

ストライクやスペアを獲ると、右の画面みたいな、自分たちの顔がはまったアニメーションが流れます。

 

さらに続いてスターバックス

f:id:yoshikixx:20170327192021j:plain

でっかいシナモンロールが150円以下で、コーヒーは飲み放題。

 

↓こんなところの横を歩いてキチから外へ。

f:id:yoshikixx:20170327192220j:plain

 

さっきデカいバーガーとシナモンロールを食べたのに、そのまま焼きそばです。

f:id:yoshikixx:20170327192354j:plain

大盛りでも600円。デカい餃子も4個で350円。凄まじい破壊力でした(´・ω・`)

 

神奈川の仲間が何気なく「トライアスロン珠洲は昨年で15回連続完走してるから、20回連続完走したい。」と言っていました。

 

普通に練習して、普通に出場できれば、彼の力を持ってすれば連続完走は難しいことではないと思います。

 

ただ、彼は自衛隊員なので、何かあれば出動することもあるわけで。

五年後に20年連続完走できたってことは、平和だってことになるんですよね。

彼らのような人に守ってもらって、初めて平和を維持できていることを改めて実感し、感謝したキチレンでした。

 

ではでは。

 

 

キチレンフタタビ

トライアスロン

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

厚木から帰って来ました。

ブログ更新が日付をまたぐことは確実なので、今回から、Facebookでの公開は朝にしようと思います(`・ω・´)

 

キチレンに行ってきました。

昨年の月6以来、トライアスロンの練習のために、厚木に行ってきました。向こうにはめっちゃ強い仲間がいるので、その仲間と練習するのが目的です。

 

前日の夜に厚木に入り、仲間と一緒にご飯を食べて、本当なら朝から自転車に乗る予定だったのですが、あいにくの雨で、自転車は止めました。

 

で、メインの練習はスイムに変更。キチレンではトレーニングジムもプールも自由に使えるので、自転車に乗れなくてもけっこう練習ができます。

 

さらに、このプールではパドルもフィンも用意されているので、普段はできない練習もできます。

 

白井スイムコーチがその場で考えたメニューをみんなでこなします。一人だと絶対にやりたくない、できない苦しいメニューもみんなでやるとできちゃうから不思議です。

 

ダイビングやスノーケリング以外の、スイムの練習でフィンを使ったのは初めてでしたが、想像以上の効果にびっくり。フィンを外したあとは進まなく感じるかと思ったら、キックのタイミングをつかめるようになるからか、とても楽に泳げるようになりました。

 

3000メートル近く泳いで、最後は100m×5本のインターバル。スタートは飛び込み、50mでいったん上がって腕立て伏せ10回。その後、もう一度飛び込んで50m。かなりきつい(笑)

 

f:id:yoshikixx:20170327001307j:plain

 

僕はといえば、すでに足が攣っていたので、一本だけでリタイア(´・ω・`)

いまだに攣ったところが痛いです。

 

一番の収穫は、膝の故障により、スイムでのキックを避けていたところが、フィンを使ってみたら膝の痛みが出なかったことかな。ちゃんとしたキックを打てれば痛みは出ないということらしいので。

 

次回以降はキチレンの他の部分を振り返りたいと思います。

 

ではでは。

鬼瓦の大きさ

屋根、瓦

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

神奈川県厚木市なうです。

遠征続きです。

ラーメン屋で酔っています(´・ω・`)

 

鬼瓦は近くで見るとデカいのです。

 

屋根屋以外はなかなか近くで見ることのない鬼瓦。

 

鬼瓦の大きさは寸尺で表します。例外を除いて、鬼瓦の顔の部分の縦の長さが基準になります。

 

うちの辺りで、普通の屋根に使う鬼瓦の大きさは5寸くらいからなので、だいたい15センチくらいになります。

 

5寸の鬼瓦というと、のし瓦の段数は3段になり、鬼瓦の大きさが1寸増すごとに、のし瓦の段数も1段増える感じです。

 

で、こないだのブログ

http://yoshikixxtri.hatenablog.com/entry/2017/03/16/234810

で書いた飾り瓦コンクリートの大賞輝いた『花鬼』大きさがどのくらいかというと、こんな大きさです↓


f:id:yoshikixx:20170325235754j:image

僕は昭和の生まれですが、まあまあ小顔です(笑)

それにしても大きいです。

2尺近くあると思います。

 

お寺さんで使う鬼瓦に至っては、僕の身長180センチよりも大きいものが、ザラにあります。

 

皆さんもご近所の屋根に乗っている鬼瓦を、一度見てください。けっこう変わった鬼瓦もありますよ。

 

ではでは。

和歌山で世界遺産のお寺を訪ねました

屋根、瓦

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

昨日(今日?)は不覚にも日付をまたいでしまい、ブログの連続が途絶えてしまいました(´・ω・`)今日から仕切り直しですね。

それでも、昨日のブログを読んでくれた友達が「あの辺りに住んでたのに、全然気づかなかった(^^;)」というリアクションをくれました。

そうなんですよね。普通の人は見ないんですけど、屋根って面白いんです。今回は昨日のブログで書いた地域にある、有名なお寺さんです。

 

慈尊院を訪ねました

和歌山に行ったときに、たまたま見かけた青看板に『世界遺産 慈尊院』の文字が。

 

ちょうど次の訪問の約束まで時間があったので、寄り道することにしました。

それが女人高野・慈尊院でした。

jison-in.org

山門はこんな感じ↓

f:id:yoshikixx:20170324214317j:plain

山門はもちろんですが、土塀も迫力があります。

 

こちらは弥勒堂↓

f:id:yoshikixx:20170324214904j:plain

露盤(ろばん)の乗った、桧皮葺きです。鎌倉時代に建立され、国の重要文化財で、ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」の一部となっています。二十年に一度、桧皮の葺き直しに合わせて、国宝である、ご本尊の弥勒菩薩が御開帳されます。

 

大師堂(四国堂)

f:id:yoshikixx:20170324215639j:plain

こちらの屋根は和型に露盤です。御本尊弘法大師 脇仏は、四国八十八ヶ所霊場の御本尊八十八躯が祀られています。

ここにお参りすれば、四国にお参りされたと同様のご利益が得られるということです。

 

多宝塔

f:id:yoshikixx:20170324215935j:plain

こちらも県の文化財。寛永年間に再建されたそうです。

 

女人高野ということで、乳がん封じや女性特有の病気封じのお寺でもあります。

f:id:yoshikixx:20170324221439j:plain

 

鐘楼の鬼瓦は鯱と一体なのか、波が素晴らしいです↓

f:id:yoshikixx:20170324220134j:plain

 

ちょっと変わったところでこんな子もいます↓

f:id:yoshikixx:20170324220309j:plain

昭和60年代に慈尊院に住み着いた野良犬のゴン。

だれも教えていないのに、高野山への参拝者を毎日案内していたとのことです。

お参りにくる犬好きの人が絶えないらしいです。

犬好きとしては撮らざるを得ないでしょう。

f:id:yoshikixx:20170324220727j:plain

 

そして参道には瓦の家が並びます。やっぱり絵になります。

f:id:yoshikixx:20170324220810j:plain

 

f:id:yoshikixx:20170324220920j:plain

ちらっと横を見ても瓦の街並み。めっちゃかっこええ(*´ω`*)

 

何気なく寄り道してみるだけでも、こんなに良い場所があるんですね。やっぱり日本で素晴らしいです。

 

ではでは。

旅先で見た屋根@和歌山、大阪

屋根、瓦

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

小一時間走って、風呂入ってダラダラしてたらこんな時間に。

やべえ。明日まで残り30分。ダッシュで書きます(`・ω・´)キリッ! 

 

和歌山北部と大阪南部の屋根はこんなふう

関西地方、特に京都、奈良、和歌山北部、大阪南部には『むくり』という形状の屋根が多く見られます。

むくり屋根というのは↓の左みたいな屋根です。膨らんでいるような屋根ですね。

f:id:yoshikixx:20170323233621j:plain

なんでこういう形状をしているかっていうのは、この画像を借りてきた↓のブログに詳しく書いてあるので、そちらを参照してみてください。

www.yane-savers.jp

今回は大阪南部と和歌山北部で見た屋根について紹介します。

 

f:id:yoshikixx:20170323234006j:plain

ばーんとむくっています。うちの辺りだと、そり屋根は社寺で見ることはあっても、むくりはあまり見ることが無いので、むくり屋根を見ているだけでも面白いです。

むくり屋根の入母屋だと、降り棟と隅棟の取り合い部ができるのですが、それは↓こんな感じ。

f:id:yoshikixx:20170323234738j:plain

隅棟は反っているのに、降り棟はむくっているという、不思議な感じ。棟を積むイメージができない…(´・ω・`)

 

f:id:yoshikixx:20170323234212j:plain

↑こういうすごい屋根の家もたくさんあります。こういう派手な感じは、京都では見られません。京都の町家は鬼瓦が小さくて、棟の低いすっきりした屋根が多いです。

 

和歌山北部の山間部では、普通の家に鬼面の鬼瓦が、当たり前に乗っています。鬼面の形状も髪が長くて特徴的です。

f:id:yoshikixx:20170323234419j:plain

 

↓こちらはすっきり見せながらも、でかい入母屋に鬼面がかっこいい。

f:id:yoshikixx:20170323235244j:plain

 

道の反対側にもこんな家が↓

f:id:yoshikixx:20170323235404j:plain

 

↓細部を見てみると、平の途中に万十軒瓦を使ってあったり、掛け瓦が本掛けになっていたり。

f:id:yoshikixx:20170323235642j:plain

f:id:yoshikixx:20170323235838j:plain

↑庇と小棟の間にはのし瓦と、松皮菱がびっしり。

 

この辺りは初めて訪れたのですが、こんなに特徴があるとは思っていなかったので、今度行くときは一眼レフを持っていこうと思います。

 

こないだ書いた北陸の屋根といい、今回の地域といい、旅先では屋根を見るだけでも、その地域の特色があるので面白いです。

 

みなさんもご自分が住んでいる地域の屋根の特徴と、旅先での屋根の特徴を見比べてみてくださいね。

 

ではでは。