トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

うちの良いところは零細企業で僕が行くってこと

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

昨日のブログで安室ちゃんのことを書いたら、なぜかアムラーだということになっています(´・ω・`)

否定するのがめんどくさいし、そうしたほうが面白そうなので、アムラーってことにします。アムラーの竹内です。

 

昨日のブログの最後で

 

安室奈美恵トークが苦手だから、ライブではMCを省いて、歌とダンスだけに絞ったことで安室奈美恵ならではの魅力が増して、ミュージシャンとして大きくなった感じがします。 ここんんところ考えていた、うちの会社ならではの何かについて書いてみようと思います。

安室奈美恵の引退を語るトライアスリート屋根屋 - トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

 と書いたので、今日はそこんところについてです。

 

タイトル通り、うちは零細企業です。基本的には3人で動いていて、職人さん2人と僕だけ。僕は何でも屋さん。

 

大きいところには営業さんとか、番頭さんとかがいますが、うちは僕が営業兼番頭兼監督兼職人兼社長(最後に社長w)です。

 

少し前までは、大手に負けない、勝てる点は技術力だ!仕事を見てもらえばわかる!と生意気なことを言っていたのですが、よく考えてみたら、うちよりも高い技術力を持った屋根屋さんなんてたくさんいるわけで。

 

うちは年に一軒くらいはお寺さんの葺き替えみたいな仕事をさせてもらいますが、同業社の中には一年間をお寺さんや文化財の新築、葺き替え、修理だけでやっているところもあり、さすがにそういう会社は技術、経験の蓄積がハンパじゃなくて、個人でやっている職人さんの中にも、技術力を上げるために、一日の仕事が終わったあとに、日々、練習をしている人たちだっています。

 

うちも一流の仕事はできるけど、彼らは超一流と言っても良いと思います。一流と超一流の差は、お客さんには分からない、職人でしわからないくらいの、ちょっとした差ですけどね。

そしたら、技術に劣るうちは、彼らに全ての仕事を持っていかれても文句言えないんです。

 

技術力も無い(いや、それなりにはできますよ)、営業力も無ければ資金力も無いうちに何があるんだろう…。

 

と、考えていて気づきました。

 

『うち、零細企業じゃん』

 

ここんところブログを書いて、SNSで顔出しするようにして、タウンページにまで顔写真を載せて、明らかにお客さんから声をかけてもらう機会が増えました。

 

特にタウンページに写真を載せてから、お客さんから「本当に写真の人が来るんだね(笑)」と言ってもらえます。タウンページからのお客さんは100%です。

 

はい。写真の人が行きます。

f:id:yoshikixx:20170922081418j:plain

だって、うちは零細企業で、他に行かせる人がいないんです。

だから僕が絶対に行きます。

 

いや、すいません。

来てほしくないかもしれないけど、行きます。行かせてください(笑)

 

これって、大手ではできないことなんですよね。社長がいて、営業さんがいて、監督がいて、職人さんがいてっていう会社では、社長が顔出ししたって、実際に社長が現場に行くことなんてないわけで、営業さんとかだと退職しちゃうこともあるし。

 

社長が毎日ブログを書いて、顔出ししてる本人が行くなんて、零細企業だからこそだと思うんです。

 

そう、零細企業であることがうちの良いところなんだと、最近になって気づきました。

 

台風とか地震とか、比較的大きい災害があった場合には、僕が行けないこともあります。でも、そうでなければ必ず僕が一回は伺います。作業自体は職人さんに任せることも多くなりますが、絶対に一度は伺います。瓦の話そすると長くなることもありますが、それは無料なので、安心して聞いてやってください。

 

顔出しするようになったのは、少しでも安心感を持ってほしいからです。近所で仕事していて、顔写真まで載せてるんだから、変なことしないよねと思ってほしいんです。

 

安心してください、変なことはしません(´_ゝ`)

安室奈美恵の引退を語るトライアスリート屋根屋

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

安室奈美恵が引退を発表しましたね…。

実はライブに二回、行ったことがあるんです。

 

だから今日は、本当は違うことを書こうと思っていたんですけど、安室ちゃんのことを書くことにしました。

はい。仕事のことはまったく関係ありません。

 

安室ちゃんていったら、デビュー当時はスーパーモンキーズのモンキー担当って感じで、ぜんぜんピンとこなくて、それは売れていなかったことから、みんなが思っていたことはわかることでした。

 

改名して安室奈美恵andスーパーモンキーズとなってからも、安室奈美恵が抜けたらスーパーモンキーズじゃないじゃん、ってくらいでした。

 

小室哲哉のプロデュースで売れてからも、小室の曲が好きじゃないこともあって、まったく興味がなかったのですが、小室プロデュースから外れてからは、楽曲的にかっこよくなったなと感じて、曲調が変わって数年してから、レンタルでアルバムを数枚借りてきて、まとめて聴いてみたりして。

 

PVとか観ても、まあ、誰々風だなってところもあったんですけど、なかなかカッコよくて、さらに相変わらず女性からの圧倒的支持を集めていたので、これはライブに行ってみるしかないなということで、ライブに行ったのが5年前。

 

11月頭から12月頭にかけて、1ヶ月で5本のライブに行った4本目が安室ちゃんでした。一本目のノラ・ジョーンズ愛知県体育館の音響が悪くてイマイチ、二本目の福原美穂はさすがの歌唱力、三本目の渡辺貞夫はベテランの醍醐味を堪能、四本目が安室奈美恵で、五本目は日本武道館でのニッケルバックに大興奮。節操無しの音楽好きにはたまらない1ヶ月でした。

 

ライブ会場のナゴヤドームに行ってみると、ミニスカートの女子がわんさか。ミニスカートの女子をあんなに大量に見たのは生まれて初めてでした…。

 

ライブが始まってみると、安室奈美恵の存在感は圧倒的。花道を歩いているだけで、なんだったら立っているだけで、とてつもなくカッコいい。あの小さな体から目を離すことができない。輝きと発するパワーが桁外れでした。

アクターズスクール沖縄の人が初めて安室奈美恵を見たときに、バケモノが現れたと思ったと語っていましたが、バケモノという表現は決して大袈裟じゃない。

 

MCは一切無しで2時間、歌い続けて、さらっと終わってしまったけど、はにかみながら最後に言った「今日はありがとう」の一言で、会場の全員がハートを撃ち抜かれました。

 

世の女性の憧れになる理由がわかりました。安室ちゃんになりたいと思ったものです(笑)

 

一昨日、安室ちゃんがもう40歳って信じられん、あんな可愛い40歳おらんなと、女房と話していたところに引退のニュースが飛び込んできて、もう40歳が、まだ40歳に変わりました。

まだ40歳なのに引退なんてもったいない…。もう一回、ライブに行きたかったなぁ。つまらないライブを見せるミュージシャンていますけど、安室ちゃんのライブは素晴らしかった。あの素晴らしいライブのクオリティを維持するのは大変なんだろうなと思います。やー、もう少し続けてほしかったなぁ。

 

安室奈美恵トークが苦手だから、ライブではMCを省いて、歌とダンスだけに絞ったことで安室奈美恵ならではの魅力が増して、ミュージシャンとして大きくなった感じがします。

 

ここんんところ考えていた、うちの会社ならではの何かについて書いてみようと思います。

 

ではでは。

瓦の話をするとけっこう喜んでもらえます。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

昨日のブログ

yoshikixxtri.hatenablog.com

 

では、実際の現場では避けることのできない危険があるってことを書いて、Facebookでは同業の人たちを中心に反響をもらいました。結論は出ないことなんですけど、業界以外の人にも知ってもらって、少しでも改善に近づいていけば良いなと思います。

 

で、この現場のお客さんは以前、ブログでも書いた顔写真を載せたタウンページを見て連絡をくれました。

yoshikixxtri.hatenablog.com

イケメンで良かったわー(笑)

 

というのはアレなんですけど、トライアスロンをやっているということもちょろっと書いてあるので、お客さんもすでに僕のことを少しは知っていて、とても話しやすかったです。

 

もちろん、屋根の修理についての説明をしたんですけど、他にも瓦の機能や、まちの景観に対する働きについてもお話ししました。

 

特にこのお宅では鬼瓦が個性的だったので、鬼瓦についても話してみました。

まず、この落ちかけた鬼瓦は

f:id:yoshikixx:20170918191146p:plain

下ろしてみると

f:id:yoshikixx:20170919202429j:plain

こんな風でした。丸にナントカ木瓜の紋。大きさは1尺。雲の下は葉っぱ?なかなか武骨な雰囲気です。この鬼瓦が隅棟4つと陸棟に2つ。

 

そして庇の隅棟にはなんだかオシャレな鬼瓦。

f:id:yoshikixx:20170919202858j:plain

細かい雲が美しいです。

 

離れにはこの鬼瓦。

f:id:yoshikixx:20170919203250j:plain

打ち出の小槌です。他は知らなかったみたいですけどw、これはお客さんも知っていました。

「くるくるしているのが雲で、一番下でくりん!と跳ねているのが波です。波は水を現していて、水を屋根の上にのせるのは火事から家を守る意味があります」と説明すると「あー、たまに水って書いてある鬼瓦がありますねー!そういう意味だったんですね!」と言っていたのですが、打ち出の小槌鬼瓦のすぐ下に水と書いてある鬼瓦がのっていることは知りませんでした(笑)

 

こうやってお客さんに瓦の話をすると、とても喜んでもらえます。そりゃもうびっくりするくらいに。

 

へー!なるほどー!そういう意味があるんだ!

 

僕ら屋根屋にしか話せないこと、伝えられないことがあります。

僕は仕事になろうが、仕事になるまいが、呼んでいただければお話しだけでも伺います。もちろん仕事のときはたくさんお話しします。

 

僕は好きなことを話せて楽しいし、お客さんは知らないことを知ることができて喜んでくれます。

 

話せる屋根屋はなかなか楽しいものです。

屋根屋なので危険なこともあります。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

台風18号は当初の予想に反して、愛知県ではけっこう吹きました。

 

何件か電話をもらったんですけど、一番最初に電話をもらったところに行ってきました。

 

電話口のお客さんは「瓦がずれちゃって」っていう軽い感じだったので、なんとなく想像して、さくっと修理できるように材料と道具を持っていったら…

 

f:id:yoshikixx:20170918191146p:plain

ほあっ( ゚Д゚)!?

隅棟が完全にイッとるやんけ!さくっと修理すると言ったヤツは誰だ!?

 

鬼瓦なんて、どうやって乗ってるのかわからんくらいw

このままだと危ないので、落ちそうな瓦や土をとりあえず下ろしました。

f:id:yoshikixx:20170918191647j:plain

さすがに危険なので、下ろしている途中の写真はありませんが、もちろん足場なんてありません。わずか10分で終わる仕事だけど、これだけでもン万円くらいもらっても良いのではw

 

いつだったかFacebookで足場の無いところで作業している写真をアップした人に対して「危険なことをするな。」「危険な仕事だと思われる。」と書いている人がいたのですが、これが現場です。

 

とりあえず、目の前にある危険を取り去らないといけないときがあるし、実際に危険なんですよね。

 

それを隠したって、何も変わっていかないですよね。僕たちはこんな危険なことをしてますよーって知ってもらわないと。

 

とりあえずの危険を撤去するためだけに足場を組むことなんて、まず不可能です。足場屋さんだってヒマじゃないし、お客さんの金銭的負担だって考えないといけないし。

 

やっぱり僕はこれから先も、こういう現場があって、むしろ、しょっちゅう足場の無い状態で屋根に上っているということを書いていきます。

 

きれいごとじゃなくて、解決の方法が見つかるといいなと思っています。

 

明日はこの現場の鬼瓦かなー。

 

ではでは。

コナは遠い。でも諦めない。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

ブログを書くのに、今回は屋根のことを書くつもりだったのですが、あまり気のりしないので、昨年の今日はどんなことを書いていたのか読み直してみて、内容を変更することにしました。

冬の故障が長引き、レベルアップすることも、ベースの部分を作ることもできずに突入した2017年シーズンは、まったく良いとこ無いままに終ってしまいました。

 

きちんと練習ができて、調整も上手くいけば、2014年頃のIRONMAN JAPAN北海道で世界選手権出場権(スロット)を獲得したタイムにも届く実力は、ほぼ手に入れたような気がします。

 

が、それはあくまでも2014年頃のタイムを基準にした話で、もし今、同じコースでIRONMANが開催されたら、スロット獲得タイムは、おそらく30分は短縮されています。レベルの向上が著しいんです。

 

あのコースで10時間を切るタイムを出す自信はありません。10時間半なら見えてきたけど。30分はめちゃくちゃ大きい。

 

だから最近はコナは無理だなと諦めていて、モチベーションも下がっていました。毎日毎日、きつい練習をするというのは、身体も心も消耗するので、目標を持つということがとても大切なのですが、コナという目標を失った状態では、何もやる気が起きませんでした。

 

そんなときに読み返したのが、昨年の今日のブログでした。

ameblo.jp

 

両脚を失った元F1パイロット、アレックス・ザナルディパラリンピックで金メダルを獲得したことを書いたものです。

 

ザナルディは両脚が無いにも関わらず、僕よりも早いタイムでロングのトライアスロンをゴールします。

 

努力は嘘をつかないなんて嘘だし、努力はけっこう裏切るけど、努力しないでスロットを獲得できるなんて100%無い。

 

成功とは成功するまで続けること、と言ったのは松下幸之助さん。

 

嘘をつかれようが、裏切られようが、できることは努力だけ。

 

スロットを獲得できるまで、あと何年かかるかわかりません。努力は嘘をつくしw

 

でもコナに行くためにできるのは努力だけ。

 

ブログを書いていたことで、目標を再確認できました。

ブログもなかなか良いものです。

 

ではでは。

DIYは好きだけど、瓦だけはオススメしません

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

僕は職人だということもありますが、子供のころから機械をいじったり、木材を釘で打ち付けて何かを作ったりと、今でいうDIYが好きでした。

 

yoshikixxtri.hatenablog.com

 

↑のブログでも書いた通り、自転車のこともたいがい自分でやるし、今もできることの範囲を少しずつ広げています。

 

最近だと自宅の網戸を張り替えたり、開きにくくなっていた事務所の扉のドアノブを交換したり。自分でいろんなことをやるのは面白いし、楽しいですよね。

 

自分でやったことが上手くいけば嬉しいし、たとえ少々失敗して何かに傷がはいったりしても、自分でやったことは一つの思い出になって、それはそれでOKです。

 

でも、屋根のことだけはオススメしません。

 

なぜなら雨漏りに直結するから。

当たり前のことですけど、意外と簡単に考えている人が多いんです。

 

↑みたいな和型の瓦。僕もブログ内では簡単に交換できると書いたりしますが、実はほとんどの場合ははまりません。

 

同じ形に見えても、割れた瓦を抜いてから、新しい瓦を差し込んでみてもはまらないんです。

 

それは大きさが違うから。

 

最近の瓦だと規格が統一されて、合う可能性が高いのですが、30年以上前の瓦になると、まず合いません。99%合わないと言っても良いくらい。

 

じゃあ、どうやって交換しているのかというと、屋根の上で加工しています。新たに差し込む瓦が大きい場合は、瓦用の金槌を使って、決まった個所を欠かします。

 

変なところを変な風に欠かすと、雨漏りの原因になりかねません。そもそも、どうやって瓦を切ったり欠かしたりするのかもわからないですよね。

 

今はホームセンターに行くと、大概のものが手に入るし、家のことでもなんでもやってみることは楽しいんですけど、屋根のこと、特に瓦のことだけは職人にお任せくださいね。

 

ではでは。

台風のときは屋根に上らないでください!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

ブログを書いていると、いつも邪魔されます。

f:id:yoshikixx:20170916084451j:plain

小夏さんは7か月前にして、すでに22キロを超えたので、膝の上に乗ってくると重いしデカいので、パソコンに触るのが不可能になります(´-ω-`)

可愛くなかったら許しませんが、もちろん可愛いので許します(*´ω`*)
 

さて、台風が近づいてきていますね。

 

愛知県はそんなに風が強くなることはないと思います。

 

が、

 

それでも風が強くなったときには、瓦や屋根を不安になるかもしてません。

あるいは、今までも気になっていたところを直そうと思うかもしれません。

 

待った!!!

ameblo.jp

 

雨が漏ろうが、瓦が飛ぼうが

 

そんなことでは人は死にません。

 

そりゃ、雨漏りしている家の中にいることは凄いストレスだし、天井や壁にシミができちゃうかもしれないし、家財道具が濡れちゃうかもしれません。

 

でも、雨漏りから家を守るために、命を捨ててしまうのは間違いです。

 

僕たち瓦や屋根の職人は、雨の日にはぜったいに屋根に上りません。危険だからです。

 

もし、雨漏りしたり、瓦が飛んだりしたら、まずは近所の屋根屋に連絡して、バケツで雨漏りを受けて待機してください。

 

雨が止んで、屋根に上れるようになったら、できるだけ早く伺って、修理しますからね。