読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスリート屋根屋、yoshikixxのブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

移動時間は読書の時間、新幹線で号泣の巻

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

こないだ東京に行ったとき、新幹線から富士山がとても美しく見えました。富士山が見えはじめて、すぐに連結部に移動して撮影。上手に撮れたなーと思って確認していると、僕の後ろには順番待ちの人たちが。やっぱりみんな撮りますよね。日本人だもん。


f:id:yoshikixx:20170131214156j:image

で、ちょっと強引ですが、日本人の生き様といえばこれ↓
f:id:yoshikixx:20170131214249j:image

犬ではないです。

いや、もちろん愛犬の小雪さんはかわいいですけどね(*´ω`*)

 

今回は小雪さんに破られてしまった文庫本、浅田次郎著『天切り松闇がたり 第5巻ライムライト』です。

Amazon CAPTCHA

12月にも書いたのですが、僕は天切り松シリーズの大ファンです。

 

で、僕はめったに電車に乗らないのですが、電車に乗っている時間は読書ができるという意味では、まんざらでもない感じです。

 

せっかく東京への移動で時間があるので、天切り松を読み始めました。

 

常滑から名古屋へ向かう名鉄ではこらえました。ギリギリでこらえました。鼻の中はツンとしましたけど、ギリギリで。

 

でも、新幹線では無理でしたねー。

 

黄不動と根岸の棟梁の親子に泣かされました。

 

ぼろぼろと涙がこぼれてしまって、隣の席に人がいなかったのが、せめてもの救いでした。

 

目細の安吉一家の生き様は、金や名誉に左右されず、人として正しいかどうかだけ。

 

今の世の中は金を稼いだほうが偉いというふうに見られがちだけど、日本人の判断基準はそれだけではないはず。目細一家はそれを教えてくれるんですよね。

 

日本人は日本人の価値観とか、考え方を失ってはいけないと思うのです。