読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスリート屋根屋、yoshikixxのブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

阪神淡路大震災から22年

屋根、瓦 その他

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今日は久しぶりにローラー台でバイクを漕ぎました(´・ω・`)オマタガイタイヨ

 

22年前の1月17日、栃木県の大学に通う学生だった僕は、テストを受けるために、珍しく早起きしました。

何気なくテレビを点けると、高速道路が倒れていて、いったいどこの国のことだろうと、ぼんやりと思ったことは、今でも覚えています。

 

それから8ヶ月で派遣された神戸は復興に向けて動きはじめたばかりで、被災した建物のほとんどは、まだそのままになっていました。

 

宿泊先から現場まではそれほど離れていないにも関わらず、高速道路やその下の道路が使えないため、とても時間がかかり、毎朝、6時に出発して、なんとか8時に到着するという感じでした。

 

大学を出てわずか8ヶ月の僕は、使える職人であるはずもなく、ひたすら先輩たちの手伝いをしていました。

 

ある日、弁当を買いに行くと「どこから来た?」と聞かれ、「名古屋です」と答えると、弁当が大盛になっていました。食べきれないくらいの大盛に。

 

震災直後で大変な神戸のお弁当屋さんは、駆け出しの見習いでしかない僕に、何も言わずに感謝してくれました。

 

 そのときに、そうか、おれの仕事は人の役に立つことなんだ、と実感したことを覚えています。

 

僕の職人としての原点は、神戸のあの日です。

 

毎年、1月17日になると思い出します。

 

僕にはまだまだできることがあるはずだと。