トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

ガーミンの修理手順。基本的には新品に交換になります。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の瓦葺き師・竹内です。

 

女房が使っていたガーミン920の風防が割れ、ボタンもおかしくなってしまったので修理に出しました。

ガーミンの修理はまず、HPで申し込み、サポート担当と二通ほどメールのやりとりをしてから、手順に沿って発注します。

www.garmin.co.jp

ガーミンのGPSウォッチは基本的に新品との交換になります。今回はとっくに保証期間を過ぎていたので有償ですが、保証期間内であれば、もちろん無償です。金額は税別、代引きで14,100円。これにこちらからの送料が必要ですが、返送してもらうときの送料はかかりません。

ガーミン側に物が到着して、ガーミンが状況を確認してからも一回だけメールでやりとりして、改めて修理を依頼。手元に戻ってくるまでで7日間でした。

f:id:yoshikixx:20200318202022j:plain

戻ってきた状態が上の写真です。一見すると全部が新品のようですが、実は違って。

f:id:yoshikixx:20200318202119j:plain

ベルトは元のものがついていました。わざわざ交換したんだ(笑)

 

この920も数年使ってきて、その間に女房は大きな落車も経験し、本体にはけっこうな傷が入っていたのですが、すっかり新品になりました。15,510円で新品になったのは、なんか得した気分です。