トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

山善の電気ケトルが優れものである件。

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の瓦葺き師・竹内です。

 

山善電気ケトルを買いました。

f:id:yoshikixx:20200305195509j:plain

山善電気ケトル、YKG-C800-E

 

僕はコーヒーが好きで、いつも半田の丸喜さんで自家焙煎の珈琲豆を買ってきては、自分で挽いて淹れています。今まではコーヒーを淹れるときには毎回、ガスコンロで湯を沸かし、温度計で湯温を計って調整していましたが、まあまあめんどくさいなと思っていて、任意の温度設定ができる電気ケトルを探してみたんです。そしてレビュー等も参考にして選んだのがこれでした。

 

一度ずつ設定温度を変更できて、さらに保温機能付き。僕はコーヒーを淹れるときの温度を83℃~85℃の間にしていたので、84℃に設定。84℃までは数分で達するので、豆を挽いたりして準備している間にお湯は準備されています。

f:id:yoshikixx:20200305200508j:plain

このときはブラジルを挽いて淹れているので、奥のインスタントコーヒーは無視してください(笑)

注ぎ口から出るお湯の量も丁度いい感じで、とても淹れやすいです。ここがダメだと、どんなに湯温が良くても意味がありません。さすがは山善です。

惜しむらくは、沸かせるお湯の量が800ml.なので、あらかじめカップを温めておくためのお湯にも使うと2杯が限界になっちゃうこと。まあ、それはガスコンロで沸かしておけばいいんですけどね。

なんせ設定温度は1℃ずつ変えられるので、お茶を淹れるときはもっと下げて使うこともできるし、赤ちゃんのミルクを作るのにも使えます。

これは良い買い物をしました。

f:id:yoshikixx:20200306085255j:plain

大きさははーちゃんより一回り小さいくらい。