トライアスリート屋根屋、yoshikixxのブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

屋根屋さん必読!塩分補給について

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

小夏さん、投げられたおもちゃを拾って持ってくるという、レトリバー族の得意技を早くも習得しました。天才かもしれん…(*'ω'*)

f:id:yoshikixx:20170523085117j:plain

 

塩分補給の仕方

さて、ついに暑い季節がやってきました。

屋根屋さんのみならず、屋外で働く人にとっては辛い季節です。

毎年、熱中症で何名もの方が亡くなりますが、ヤバいかもと思ったら、すぐに作業を中止して休むようにしてくださいね。仕事なんて、命を捨ててまでやるものではないです。

 

そして、まずはそんなことにならないように、水分と塩分をしっかり補給することが大切なのですが、うちの業界はそういうことに対する知識がとても稚拙です。情けない限りだと思います。

そんな業界や職人さんたちを危惧して書いたのが、昨年のこのブログです↓

ameblo.jp

 

トライアスロンをやっていると、実際に何度も失敗したりして、塩分補給についてはかなり勉強します。その知識を生かして内容はしっかり書きました。

 

はっきり言って、ミ〇リ安全のなんとかサプリとか、それに類似したものには、ほぼ効果はありません。だって、美味しく食べられるように、塩分控えめにしてありますから。

 

なんとかサプリとかのタブレット系で、失われた塩分を補給しようと思ったら、一日に100個くらいは食べる必要があります。最低で100個です。まあ、不可能ですよね。

 

日頃の塩分を抑えめにすること

日本人は塩分を摂りすぎています。日本食自体に塩分が多く含まれているんです。

 

自転車ロードレースの選手が、イタリアのチームに移籍し、向こうの食生活にしたところ、普段の塩分摂取量が減ったことから、汗に含まれる塩分濃度が下がり、レース中に摂る塩分が減り、脚も攣らなくなったという報告があります。ヨーロッパの選手には、スポーツドリンクが不要で、水だけで平気という選手すらいるらしいです。ちなみに自転車のロードレースは短くても4時間は自転車をこぎ続けるので、発汗量は相当なものです。

 

さすがに暑い季節になってきてから、食事の塩分を控えめにするのは難しいと思いますが、秋以降に食事の塩分量を控えめにしていくのも、ひとつの方法かなと思います。

 

ではでは。