トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

送られてきた鬼瓦の写真

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

朝晩は寒いのに、昼間は暑いくらいという天候に、鼻風邪がイマイチ治りません(´・ω・`)ハナジルズルズル

 

鬼瓦の写真を送ってくれました。

LINEで写真が二枚、届きました。

 

これと↓
f:id:yoshikixx:20170413160311j:image

 これ↓
f:id:yoshikixx:20170413160230j:image

 

で、添えられていた文章が

「さて問題です。どこの鬼瓦でしょう?」

 

(-_- )

 

いや、知りませんて(笑)


 と、思いながらも七三桐の紋か、珍しい家紋だなと調べていたら、送られてきたのが↓
f:id:yoshikixx:20170413160917j:image

 

おお、美しい。姫路城です。なるほど姫路城の大天守降棟の鬼瓦なんですねー。

 

この写真を送ってくれたのは、僕のブログにたびたび登場してもらっている、ながさかさん。

 

最近は○○に行ったときに瓦がこんなんだったよー、なんて言ってくれる友達が多くなってきました。これって、すごく嬉しいんですよね(*´ω`*)

 

僕はどこに行っても屋根ばかり見ているのですが、瓦も鬼瓦も地域での違いがけっこうあって、なかなか面白いものなんです。

 

みなさんもどこかに行ったときには、屋根を見上げてみてくださいね。

 

ではでは。

こんなのでも雨漏りは止められます。

いっトライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

強風の中をランしてきました。5分/kmというゆっくりペースでも、向かい風なので心拍数は165まで上昇(笑)

良い練習ができました。

 

瓦がこんなにずれても雨漏りは止められます

まずは写真をご覧ください。

f:id:yoshikixx:20170412203220j:plain

棟際の瓦がガタガタなのがわかると思います。アップにすると↓

f:id:yoshikixx:20170412203414j:plain

瓦が完全に下がっていて、下の土が見えている部分が多数。

 

屋根の上からお客さんに「雨漏りは10年くらい前からですか?」と聞くと大当たりで、お客さん「なんでわかるの!?」と驚いていたのですが、過去の経験から、こんくらい下がっているということは、そんくらいかなとの予想が当たったに過ぎません。

 

ちなみに反対側の面はこんな感じ↓

f:id:yoshikixx:20170412203933j:plain

綺麗なものです。毎回、不思議なんですけど、ずれるのは切妻の片側のみということが多いです。

 

実はお客さんは葺き替えしかないと考えていたようですが、僕はこのくらいなら雨漏りを止められるはずだと伝えました。もちろんラバーロックなんて不要です(笑)

葺き替えと修繕だと、金額に20倍くらいの差が出ます。そりゃうちの会社としては売上が大きいほうが良いんですけど、止められる雨漏りを止められないと嘘をついて儲けるっていうのは、職人としての誇りが許さないんですよね。

 

こないだも、何社も他業者に見てもらっても、葺き替えしかないと言われて困っているというお客さんから連絡があったのですが、実際に見てみると、完全には無理かもしれないけど、ほぼ雨漏りは止められるんじゃないかなと判断できる家がありました。

 

売り上げも大切だけど、世界に誇る職人の心意気とか誇りっていうのも大切にしたいものだと思います。

 

ではでは。

久しぶりに釣具屋へ

 

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

すっかり『24』の虜になり、Huluに加入してしまいました(´・ω・`)

二週間の無料お試し期間で、シーズン8まで制覇できるのか…?って、不可能に決まってますけどね。

 

久しぶりにマルハン

今日は雨で現場が休みなので、久しぶりに名古屋の釣具屋、マルハンに行ってきました。

f:id:yoshikixx:20170411180607j:plain

マルハンはおそらく名古屋で一番大きな釣具屋で、大きいだけでなく、ビギナーからマニアまで、概ねのことは対応してくれる、頼もしい釣具屋です。

 

なぜ釣具屋かというと、もちろん釣り具を買うためです。今日は糸を買いました。

f:id:yoshikixx:20170411183442j:plain

バリバスのシーバス用PEライン。0.8号。

なんか懐かしい響きです。昔はバリバスの糸をよく使ったもんです。

 

そうです。昔、といってもトライアスロンを始めるまでは、釣りが好きで、釣り竿を持っていろんなところへ行っていました。

 

今回の糸もゴールデンウィークに久しぶりに釣りするための準備です。この糸は150mで2500円くらいと比較的安くて、昔と比べると、買い物の仕方が大人しくなったなと、我ながら感心しました(笑)

昔は糸に〇万円とか出したりして、いったい何を考えていたのやら…。

 

でも、そのころはなかなかデカい魚を釣っていて↓

f:id:yoshikixx:20170411184100j:plain

カンパチの22.5キロとか

 

f:id:yoshikixx:20170411184147j:plain

イソマグロの30キロオーバーとか。

 

ここまでやっていたので、やっぱり今でも、たまに釣りしたいなと思います。そういえば当時、一人暮らし中だった僕は、国勢調査の職業欄に『漁師』と書いたことがありました(笑)

それくらい釣りが好きでした。

 

船で釣りをしていると、環境としてはとても厳しくて、潮も浴びれば、船酔いもして、楽しいばかりではなくて、でも、季節や場所によって魚も釣り方も変わるのが面白かったんですよね。スキーも同じなんですけど、結局は自然の中で遊ぶのが好きなんです。

 

ゴールデンウィークは少し変わったところで釣りする予定なので、またブログやFacebook等で報告したいと思います。

 

ではでは。

いつもと違う道で、古くて新しいを発見する

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

こないだの虎の穴(トライアスロンスクール SQUAD TAKUYA | 愛知県岡崎市拠点)での練習のとき、ランだけは外でやりました。

 

その場所になったのが、岡崎市の東公園という大きな公園。ここは広くて、短くてもアップダウンのあるコースがとれるので、雨の練習のときにはたまに使います。

 

その東公園にあったのが『旧本多忠次邸』です。

f:id:yoshikixx:20170410222433j:plain

www.city.okazaki.lg.jp

以下、岡崎市のHPより。

『旧本多忠次邸は、旧岡崎藩主本多家(本多忠勝系)の末裔にあたる本多忠次が、昭和7年(1932年)、東京・世田谷に建てた住宅と壁泉の一部を移築し復原したものです。
岡崎市では、建築・意匠・技術・室内装飾にいたって学術的な価値がある旧本多忠次邸を保存し、その活用を通じて、文化財の保護についての関心や理解を深めていただくことを目的に公開展示しています。
館内では当時の家具、ステンドグラス等の調度品が常設展示されています。また年数回の企画展示や歴史文化講座、サポーターの会による案内やおもてなし企画の開催のほか、一部の部屋は展示室としてご利用いただくことができます。』

 

岡崎といえば徳川家康なんですけど、岡崎藩主は徳川ではなく本多家なんですね。もちろん徳川の直属の家臣だったんですけど、これって、意外と知らないことだと思います。

 

で、上にも書いてあるんですけど、この建物、昭和7年に建てられたものを、平成24年に移築したものなんですね。

 

スパニッシュ調の洋館で、瓦はフランス瓦です。スペインなのかフランスなのかはっきりしろって感じですが、そこんところは置いておいて。

 

そう。瓦はフランス瓦です。新築時の瓦を78%使用しています。

f:id:yoshikixx:20170410223909j:plain

 

これがフランスからの輸入なのか、日本で焼いたものなのかはわかりません。むしろ、本当にフランスでこういう瓦が使われていたのかすら、僕にはわかりません。

 

ただ、昭和7年に建てられた当時の雰囲気がちゃんと残されていて、内部も無料で見学できるので、一見の価値があると思います。

 

なかなか練習に参加できない僕が、あの道から東公園に入ったのは初めてで、いつもと違う道から入ったからこそ、旧本多邸を見ることができました。

 

たまにはいつもと違う道を通ってみるのと、面白い発見がありますね。

 

ではでは。

ローラー台でジャック・バウアーに助けられる

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今日は日曜日だけど、午前中の天気がいまいちパッとしないので、せんせいのメニュー通り、うちでローラー台をやりました。↓これです。

f:id:yoshikixx:20170409203508j:plain

 

 

でも、僕はローラー台が大嫌いです(´・ω・`)

トライアスロンをやっているというと、とてもストイックな人だと勘違いされますが、実際は練習なんかしたくないし、苦しい思いなんてしたくありません。

 

ただただ、目標を達成するために必要なことなので練習しているだけで、スイムもバイクもランも、練習したくないです。

 

なかでも、ローラー台はつまらないから、本当に嫌いです。めちゃくちゃ良い練習ができることはわかっていても、嫌いなものは嫌いなのです。

 

DVDを観ながら練習

今日はメニューにレースの心拍数で80分という部分があり、アップやペダリング練習も含めるとそれだけでも1時間40分にもなります。

 

ヤバい。こりゃヤバいです(ΦωΦ)

ローラーを二時間近くなんてまっぴらごめんです。

 

ここで思いつきました。

「DVDを観よう」

こういう手を使うと、集中してないだとかなんとか言う人もいたりしますが、もう、1時間40分も何も無しではやれないもんっ(>_<)ってことなのです。

 

うちのチームには6時間もローラー台をやるという、チビがいるのですが、そのチビが、ローラーの時にはずっとアメリカのTVドラマを観ていると言っていたのを思い出して、参考にすることにしました。

 

で、さっそくゲオに行ってみて、選んだのが『24』でした。

 

はい。いまさらながらの『24』です。

まだ観たことなかったんだもん(´-ω-`)

 

ローラーを開始する前に、DVD再生用にPCを用意して

f:id:yoshikixx:20170409210424j:plain

 

補給用にパンをホイールにはさんで

f:id:yoshikixx:20170409210511j:plain

練習開始!

 

そんで、観てみたら

 

めっちゃおもろいやんけっ( ゚Д゚)!

 

つらいつらい練習もあっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

ジャック・バウアーさんにはすっかり助けられました。そして今度から、長時間のローラー台は海外ドラマのお世話になることも決定しました。

 

これ、いちいち借りにいくのがめんどくさいし、HuluとかU-NEXTとか加入したほうが良いんですかね。

 

これからはローラー台が、少し楽しくできそうです。

 

ではでは。

トライアスロン虎の穴

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

雨続きですねぇ。せっかくの雨なので、ずっと雨漏りの原因がわからなかったところの天井裏を見てきました。まだはっきりしないのですが、ぼんやりとは特定できたので、対策を施します。

 

トライアスロン虎の穴へ

いやまあ、なんのことはない。いつものトライアスロンスクール『SQUAD TAKUYA』(通称たくすく)の練習会ですよ(´・ω・`)

squad-takuya.jp

 

雨の日のたくすくはSTジム(チームの事務所)でローラー台です。ローラー台のときは虎の穴感が強くなります。

狭いスペースに今日は25人がぎゅうぎゅう詰めでした(´・ω・`)

f:id:yoshikixx:20170408214837j:plain

↑アップなので当たり前ですが、このころは余裕です。ここから1時間後には…

 

f:id:yoshikixx:20170408215020j:plain

↑こうなります。窓全開なのに、明らかに湿度が上がっていて、霞んでしまうくらい追い込まれます(笑)

 

僕は故障明けなので1時間くらいで離脱しましたが、みんなはさらに1時間半くらい。僕はその間、冷やかしと体幹中心の筋トレ。一人だとローラー台2時間半なんて、とてもじゃないけどできないのに、仲間がいるとできちゃうから不思議です。

 

そして、Instagramにアップしたら、やたらといいね!をもらった画像がこれ↓

f:id:yoshikixx:20170408215725j:plain

三浦さんが食べた、大量のバナナの皮(笑)

世の中、何がいいね!になるのかわかりません(´・ω・`)

 

最後はタバタで追い込んで、その後は東公園でラン。

ランはアップダウンのある150メートルくらいのコースを1分15秒サークルで12本。まあ、みんなようやるわって感じでした(笑)

 

実は他のトライアスロンスクールから流れてくる人も多いたくすく。

 

ビギナーから、コナを狙う上級者まで、柴田卓也は絶妙な勘(笑)で的確に指導します!

 

興味のあるかたは、とりあえずHPを見てくださいねー。

 

ではでは。

知多半島は山車祭りが花盛り

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今日は半田法人会青年部の次年度役員会でした。

半田法人会知多半島の会社が集まっているんですけど、知多半島と言えば、今は祭が花盛りです。

 

知多の山車図鑑1

http://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/232057.pdf

 

知多の山車図鑑2

http://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/232058.pdf

知多半島だけで80台を超える山車があります。

 

そして、3月半ばに半田市乙川から始まった祭は、ゴールデンウィーク常滑市大野まで、知多半島の各地で毎週のように開催されます。

 

↓は日程です。昨年の日程なので、一日ずれていますが、だいたい合っています。

zenpaku.huu.cc

 

↓ちなみに我が地元、常滑です。

www.city.tokoname.aichi.jp

4月8日、9日は旧常滑地区で開催されます。

 

知多半島の祭の特徴は、お祭り騒ぎにならず、ちゃんと祭として開催されていることかなと思います。ちゃらちゃらした祭的イベントではなく、きちっと祭です。

 

決して派手ではありませんが、きちんと伝統を受け継いでいる祭が多いと感じます。

 

うちの祭は終わってしまいましたが、お時間のあるかたは、ぜひ、お花見がてら、春の知多半島の祭にいらしてください。

 

ではでは。