トライアスリート屋根屋、四代目屋根誠・竹内のブログ

旅好きな屋根屋でトライアスリートの竹内賀規が、トライアスロンのことやトレイルランニングのことを書くついでに、屋根のことや瓦のことを書きます。

日本のエリートランナー向け三大マラソン大会

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

故障の原因がわからないので、モチベーションが上がりません(´・ω・`)

故障の原因がわからない=治るまでの期間がわからない=目標となる大会を決められないということで、スイムだけの練習にはすっかり飽きています。

 

そんな中、各地ではマラソン大会がシーズンの終盤に向かっていて、今シーズンは仲間が次々とサブ3を達成しています。

日本の三大マラソン大会

日本にはアマチュアランナー憧れの大会が三つあります。

①12月開催の福岡国際マラソン|トップページ

②2月開催の別府大分毎日マラソン大会

③3月開催のびわ湖毎日マラソン大会

 

なぜ憧れかというと、まず、持ちタイムに制限があるから。

持ちタイムの順番だと、まず別大は3時間30分以内。これは僕もクリアできるので、別の大会できちんと記録を残してエントリーすれば出場できます。

 

続いて福岡国際は一気に速くなって2時間35分以内。やりすぎじゃないの(笑)?っていうくらい速いです。

 

最後にびわ湖毎日はなんと2時間30分です。すでに狂気の沙汰です(笑)

 

3時間30分だと5分/kmペースでOKですが、2時間35分だと3分40秒/kmペースで、2時間30分だと3分33秒/kmペース。

 

この上がりっぷりには笑うしかありません(笑)

3分30秒/kmなんていったら、僕のインターバル走のペースです。そのペースでフルマラソンなんて、想像もできません。

 

この3大会に加えて、近年では東京マラソンでエリートが設定されて、そのタイムがなんと2時間21分という驚異的なもの。実質的には四大大会ということになってきそうです。

 

他にも持ちタイムの制限がある大会はいくつかあるのですが、大会の歴史やブランド力から鑑みて、この辺りが憧れの大会になっているようです。

 

僕が故障でダラダラしている間に、仲間はサブ3を達成したり、ついにびわ湖毎日に出場したりして、やっぱり悔しさというか、スタートラインにも立てないという寂しさみたいなのはあります。

 

ただ、焦っても仕方ないので、明後日の検査で故障の原因をはっきりさせて、しっかりと治し、また練習して、近いうちにこれらの大会に出場したいと思います。

 

ではでは。

建物の耐震性と瓦の関係

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

トライアスリート屋根屋と名乗り始めて早一年ですが、最近は故障の影響で練習できていないので、スイマー屋根屋に改名寸前です(´・ω・`)

いや、ろくに泳いでいないので、スイマー屋根屋とも名乗れない感じで、その上、絶賛増量中です(+_+)

 

建物の耐震性と瓦の関係性を学びました

今日は日曜日ですが、故障中でやることのない僕は、名古屋まで仕事のお勉強に行きました。題して「軽い屋根材」より「丈夫な家」~なぜ壁量が住宅の倒壊を左右するのか~です。

f:id:yoshikixx:20170305222826j:plain

一般社団法人全日本瓦工事業連盟主催のセミナーです。

f:id:yoshikixx:20170305224633j:plain

長野の平松さんは講師として来てくれました。みなさん、まじめに聴いています。

 

日本の住宅から瓦離れが一挙に進んだのは、阪神淡路大震災からです。あのときに瓦が乗った建物が倒壊した場面を続々と報道され、屋根材の重さが住宅の倒壊に直結するという、間違った認識が広がったためです。

 

正確にいうと、瓦と、瓦以外の軽い屋根材を、同じ構造、同じ形状等、条件を同じくした建物で比べたときには、瓦のほうが不利なのは間違いありません。

 

しかし、屋根材重量の影響はとても小さいんです。実際に、軽い屋根材の建物でも、震災のときにはけっこう倒壊しています。そして、最近、耐震対策として葺き替えの見積をした物件で、屋根を軽くしても、壁の強度不足までは補えず、結局は瓦はそのままで壁の強度を上げるのが、費用対効果が高いという結論が出たものもあります。

 

では、倒壊するかしないかに、なにが影響するかというと、です。この中身を今日は勉強しにいって、ある程度は数字で理解してきました。理解してきたのですが、残念ながらブログで正確に書けるほどではありません。

 

でも、これ。もっときちんと勉強しないといけないことだし、ブログでも書かないといけないと思いました。

なぜなら『屋根を軽くしたから大丈夫!』という勘違いをしてほしくないからです。

 

瓦屋が瓦を売りたいから言ってるわけではなくて、ちゃんと地震に強い建物に住んでほしいのです。

 

ではでは。

 

天窓から雨漏り?ならばこれだっ( ゚Д゚)!

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

喉の調子は悪いんですけど、ギリギリで粘っとります(´・ω・`)

風呂入ったらサクッと寝ます!

天窓から雨漏りしたときはこんな方法もある

天窓から雨漏りして、雨漏りが止まらないというお客さんのところへ。

屋根に上ってみるとこんなふう↓

f:id:yoshikixx:20170304202455j:plain

なんか天窓の周りにいろいろとやってますね…。瓦の施工に関しては、わざわざ袖瓦も使ってあるし、おかしなところは見受けられないのですが、雨漏りっていうのは素人さんには、なかなか止められないんですよ。

今回の場合はどうやら、天窓本体に問題があったようで、こうしてしまいました↓

f:id:yoshikixx:20170304203407j:plain

天窓撤去だっ( ゚Д゚)クワッ!!!

 

天窓っていうのは、後からつけることもできれば、撤去してしまうこともできます。今回の場合も新しい天窓を取り付けることは可能なのですが、数十年に渡って天窓をつけていて、やっぱり不要だねってこともあり得るわけで、その上で雨漏りしてしまうのであれば、撤去しちゃいますよね。

 

穴の上には垂木を打って

f:id:yoshikixx:20170304203925j:plain

 

コンパネとルーフィングを施工します。

f:id:yoshikixx:20170304204030j:plain

f:id:yoshikixx:20170304221038j:plain

一応、ルーフィングは貼りますが、他の部分が貼ってないので、あまり意味はないんですけど、貼らないと気持ち悪いので貼るって感じです(´・ω・`)

 

で、天窓分の面積の新しい瓦と、なんばんという、葺き土の代りのものを使って葺き戻します。

f:id:yoshikixx:20170304221405j:plain

f:id:yoshikixx:20170304221425j:plain

わかんないですね(笑)

実際に見ると、色が若干違うんですけど、写真だとわからないくらいです。

もちろん内装は大工さんが穴を塞いで、クロス屋さんがきれいに仕上げます。

 

築40年くらいの建物でも、昔ながらの瓦であれば、きちんと対応することができます。化粧スレート(カラーベスト)や板金では、野地板が傷んでしまっていて、こうはいきませんし、瓦でも平板瓦だと40年後には無理かもしれません。

昔からあるってことは、それなりに理由があるんです。

 

いずれにしても、天窓付近からの雨漏りに困っている人は、天窓の撤去や交換てことも考えてみてください。

 

ではでは。

仲間と自撮り@有明

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

ブログ二年目、スタートです。

 

さっそくですが、やべーす(ΦωΦ)

毎週金曜日になるとFacebookトライアスロンチームの練習について、案内が流れてくるのですが、そこに『柴田コーチと宮澤マネージャーがインフル発症』と書かれていました。「インフルなんざ、たたの風邪だわい( ゚Д゚)!気合が足りん!気合が!」と言っていたら体調悪化(笑)

喉がイガイガして、扁桃腺も怪しくなってきました。僕も気合が足りませんね(*´ω`*)テヘヘ

 

久しぶり&初めましての仲間と自撮りしてきました@有明

2月26日、27日と、東京は有明で開催された、一般社団法人全日本瓦工事業連盟青年部定時総会(長い)に出席してきました。

 

僕は愛知県屋根工事連盟青年部の部長として出席したのですが、他県の青年部部長もたくさん出席していました。

 

他県の青年部長に会う機会は、年に2回くらいしかありません。自他ともに認める人見知りの僕にとって、滅多に会うことのない人たちとコミュニケーションを取ることは、とても難しいことでした。

 

でした、と過去形で書いたのは、Facebookでみんなとつながっているおかげで、会わないときも、お互いが今は仕事で何をやっているか、仕事以外で何をやっているのか、どんなことを考えているのかということが、だいたいわかっていたからです。

 

一年ぶりにあった人たちでも「こないだのアレって上手く片付いたの?」なんて、普通に話すことができました。わいわいと面白い話をしたり、ブログやトライアスロンの話をしながら、仲間のおっさんたちと自撮りタイム。

 

軽く酔っているので、写真はブレブレですが(笑)

f:id:yoshikixx:20170303221200j:plain

右から姫路の表さん、近江八幡の栄畑さん、西宮の吉川さん。

みんな僕よりかなり若い(笑)特にOさんとYさんは歳食いすぎ(+_+)

 

続いて

f:id:yoshikixx:20170303221128j:plain

栄畑さんの隣にいるのは御坊の中西さん。走る瓦屋さんです。中西さんは僕と同い年ですが、シュッとしたはってます。やっぱりランニングは若さを保ちますよね。全国部長会議か来年の総会では、朝、一緒に走る約束をしました。

 

続いて

f:id:yoshikixx:20170303222052j:plain

僕の隣は講演を次の日に控えて、緊張しっぱなしの神谷くん。その隣が宮崎から来てくれた近畿セラミックスの多田さん。多田さんとは初対面。もっと怖い人をイメージしてたら、優しい人で、良い意味でびっくり(≧▽≦)

 

続いて

f:id:yoshikixx:20170303222326j:plain

眼鏡をかけているのが岐阜の足立さん。もう一人が愛知の副部長、深谷くん。

今年の中部ブロック会議は岐阜開催なのでお世話になります。

 

おっさん同士で自撮りしているのも、なかなか恥ずかしいものですが、顔を覚えてもらうって大切ですよね。

 

僕はこの人たちと、瓦の未来をつくっていきたい。

 

僕には才能もセンスも無いけど、人と人をつなぐことだけはできるような気がします。それが僕の役割なのかなと思う今日この頃なのです。

 

ではでは。

blog365

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

今日でブログを書き始めて365日目。丸一年です。当然のことながら、明日から二年目に入ります。

 

ブログを書くと決めたのが昨年、平成28年2月27日。国生みの島、淡路島で開催された『第1回瓦サミット』がきっかけでした。

 

Facebookで案内が届いても、いったいぜんたい何をやるのかさっぱりわからない、人を集めるということの重大さがまったくわかっていない内容で、行くか行かないか迷ったけど、4月から愛知県屋根工事連盟青年部の部長をやることになっていた僕は、なんか話のタネになればラッキー、ダメでも28日の日曜日はバイクの練習がてら、淡路島を一周してくればいいか、くらいの感覚で参加することにしました。

 

行ってみたら、予想に反する面白さというか、熱さというか、衝撃というか。

ちょいちょいブログに名前を登場させる、㈱大栄窯業の道上大輔さんとの出会いが、43年の人生においても、ベスト3に入る衝撃でした。

f:id:yoshikixx:20170302201558j:plain

www.daieibrand.com

こんなに瓦を好きで、愛していて、なによりも信じていて、発信していて、結果に繋げている男がいるなんて…。

日本最大の瓦の産地である高浜のすぐ近くにいるだけに、淡路のことはまったく知らずにいて、こんなにもかっこよくて面白い男がいることを知らずにいた自分を恥ずかしく思いました。

 

道上さんはもう10年もブログを書き続けていて、瓦のことを発信し続けていました。なるほど継続は力ですよね。

失礼ながら大栄窯業さんは決して大きくない会社なのに、10年も続けてきたことによって、強力な発信力と個性を持つようになり、お客さんにとって特別な存在になりました。

 

翻って僕はといえば、思うことはあっても、業界内で話し、伝えることはあっても、業界外に伝えることを避けていました。

 

わけもわからず淡路島に集められて、なんせわけもわからずに集まった人たちなので、なんせ熱い人たちが多くて、僕もなんとか瓦とか屋根のこと伝えていこうと思ったのが、昨年の2月27日でした。

 

そこから二日くらいでブログ開設の準備をして、訳も分からなかったので適当にアメブロでブログ開始。

2016年03月03日のブログ|トライアスリート屋根屋 ㈲屋根誠のブログ

 

SNSの専門家、下澤美香さんからアドバイスをもらってをもらって

mika-shimosawa.hatenablog.com

 

今に至るわけですが、一年ではまったく成長せず(笑)

それでも、なんとかかんとか1年間続けてきました。途中で二日だけ書けない日がありましたが、記事数は365本か366本なのでOKってことで(ΦωΦ)

よく一年も続いたものだなと、ちょっとだけ自分に感心してもいます。

 

また明日から、少しずつでも成長しながら、瓦のことや屋根のこと、トライアスロンのことを書いていきます。

 

ではでは。

空から見る街並み

 

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

なんか昨日書いた、名刺のブログのアクセス数が凄いです(´・ω・`)

みんなそんなに僕の顔を見たいのか(笑)

こんな名刺で良かったら、いくらでもお渡しします。

yoshikixxtri.hatenablog.com

 

グーグルマップで空から街並みを見てみると

今日は写真というか、スクショ画像多めです。

僕は旅好きだし、山登りも好きなので、地図を見るのが大好きです。国土地理院の25,000分の1地図は日本のすべてが網羅されていて、等高線の間隔も使いやすいし、山と高原地図はカラーで見やすく、水場の表示があったり、耐水ペーパー仕様なので、多少の雨は気にしないで使えたりするので、紙地図もたくさん持っています。

 

ですが、最近はやっぱり便利なスマホのグーグルマップを使うことが多いです。もちろん山には紙地図も持参しますけどね。

 

グーグルマップの

便利な機能の一つがGoogleアース。道路を走行した自動車に搭載されたカメラが撮影した街並みを見ることができる機能です。簡易的な現場の下見代りに使うこともできるので、けっこう気に入っています。

 

そして、僕が好きなもう一つの機能が、航空写真です。

ヨーロッパの街並みなんて見てみると、なかなか面白いです。

まずはフィレンツェサンタ・マリア・デル・フィオナーレ大聖堂の屋上から見る街並みです↓

f:id:yoshikixx:20170301212711p:plain

オレンジ色の瓦が美しいです(*´ω`*)

同大聖堂を下から見てみると↓

f:id:yoshikixx:20170301212948p:plain

その周りは

f:id:yoshikixx:20170301213050p:plain

f:id:yoshikixx:20170301213107p:plain

f:id:yoshikixx:20170301213123p:plain

やっぱり白い壁とオレンジ色の瓦が美しい。

フィレンツェの街を空撮で見てみると↓

f:id:yoshikixx:20170301213314p:plain

みんな同じ色の瓦です。

さらに引くと↓

f:id:yoshikixx:20170301213354p:plain

こんなに引いても同じ色の瓦。

街並みの美しさっていうのは、壁と瓦からできているということがわかると思います。

でも、この街並み、勝手に出来上がったわけではないようです。戦争で町が破壊された後に、美しかった町を取り戻すために、町に住む人々が、それぞれ自分勝手なことをせず、町を美しくすることを考えて、同じ色の瓦と壁の色にしたそうです。

街並みの美しさを作るのは、一人ひとりの意識なんですね…。

ローマも↓

f:id:yoshikixx:20170301214107p:plain

↓はフランスのニース

f:id:yoshikixx:20170301201937p:plain

街が全体的にオレンジ色っぽいです。

アップにすると

f:id:yoshikixx:20170301213852p:plain

f:id:yoshikixx:20170301213919p:plain

スペインのバルセロナ

f:id:yoshikixx:20170301214232p:plain

さらに引くと他の町も↓

f:id:yoshikixx:20170301214328p:plain

ベルギーの首都、ブリュッセルは黒い屋根。たぶん天然スレートです。

f:id:yoshikixx:20170301214547p:plain

他にもクロアチアザグレブノルウェーコペンハーゲンスウェーデンストックホルムとか、その町独特の色彩で統一された美しい街並みを見ることができます。

 

僕は我が国、日本が大好きで、街並みを作ることに貢献できる仕事をしていることに誇りを持っています。

でも、残念ながら、街並みの美しさは壊れてきています。僕ができることは街並みの美しさを守るお手伝いにすぎません。

 

上にも書いたように、街並みの美しさは、それを作り守ろうという、個々の意識で作られます。御先祖様たちが作り上げ、受け継いできた美しい街並みに住むことは、とても誇らしいことだと思います。

 

日本には、日本らしい美しさがあって良いと思います。

 

ではでは。

 

 

名刺で笑われる(笑)

トライアスリート屋根屋、常滑は屋根誠の竹内です。

 

膝痛が治らないので、ついに明日、整形外科に行くことにしました。まずは原因をはっきりさせて、今後の方針を見つけたいとおもいます(´・ω・`)

 

名刺交換で笑われました(笑)

僕は名刺を自分で作っています。業者に依頼せずに、パソコンを使い、自分でデザインして、20枚単位で作り直すたびにマイナーチェンジします。

で、今の名刺はこれ↓

f:id:yoshikixx:20170228205049p:plain

にっこり笑顔の顔写真入り。女房に撮ってもらったんですけど、これでけっこう笑われます(笑)女房の前でナナメ向いてにっこりするって、めちゃくちゃ恥ずかしいんですけど、名刺交換させて頂いた人が笑ってくれれば、まあ成功ですね。そもそも名刺って、自己紹介して、覚えてもらうためのアイテムなので、印象に残って、ちゃんと顔を覚えてもらえれば良いですからね。

 

さらに裏はこれ↓

f:id:yoshikixx:20170228205520j:plain

爽やかな笑顔とともに、ブログの宣伝(笑)

書いてあるとおり、僕は人見知りなので、最初からそれを告白して、さらにトライアスロンをやっているというネタを提供して、先方から話しかけてもらえるように仕向けるという作戦です(´・ω・`)

 

こないだの一般社団法人全日本瓦工事業連盟青年部総会(長い)のときにも、たくさんの人と名刺交換させてもらいましたが、たぶん僕の名刺が一番印象深かったはずだし、名刺のおかげで人見知りを発揮せずに済みました。

 

まあ、リアルでは初対面でも、Facebookではつながっているということも、最近は多いので、初対面のときに一応、名刺交換するときには、なんか気恥ずかしいみたいな状況もあるんですけどね(*´ω`*)

 

いまだ名刺交換させてもらっていない、リアルな友人知人の人たちも、ぜひ名刺をもらってください。

 

ではでは。